ログ化コンフィギュレーション プロパティ

ログ化プロパティは、どこで、どのように、Wrapperが内部出力をログ化するのかを設定するために使われ、 通常Javaアプリケーションを起動するために使われるコンソールに表示されるJVM出力についても同様です。 Wrapperのログ化プロパティは、いかなる場合でもJavaアプリケーションのコントロールやログ化ツールを置き換えることはしません。

[一般/共通] [コンソール] [コマンド] [ログファイル] [ログダイアログ] [Syslog]