World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.property_warning.loglevel プロパティ

wrapper.property_warning.loglevel プロパティ

対応バージョン :3.5.21
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、プロパティ値に関する警告メッセージのログ記録の対象となるログレベルを設定します。

未定義の環境変数を参照している場合や、 「boolean」や「integer」に不正な値を入れるなど、 コンフィギュレーションプロパティに不正な値を設定した場合、警告メッセージをログ記録します。

有効なプロパティー値は次のとおり:
  • [NONE] :
    ログ化なし。
  • [FATAL] :
    FATALログレベルでログ化します。
  • [ERROR] :
    ERRORログレベルでログ化します。
  • [WARN] :
    WARNログレベルでログ化します。
  • [STATUS] :
    STATUSログレベルでログ化します。
  • [INFO] :
    INFOログレベルでログ化します。
  • [DEBUG] :
    DEBUGログレベルでログ化します。

デフォルト値は[WARN]です。

設定例:
wrapper.property_warning.loglevel=WARN

参照: ログレベル