World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
機能の比較

機能の比較

Java Service Wrapper では、各エディションごとに適した豊富な機能を取り揃えています。 お客様の Java アプリケーション製品に利用するには、全ての拡張機能を含んでいるプロフェッショナル版をお薦めします。 あるいは、拡張機能の一部を含むスタンダード版も便利です。 コミュニティー版には基本機能のみが含まれ、オープンソース向けの Java アプリケーションに適用するものです。

機能や特徴

プロ版

スタンダード版

コミュニティ版

Windows サービスとして動作させる

Java Service Wrapper は、各社で追加的な開発などを必要とせず、簡単に Windows サービスとして Java アプリケーションを動作させることができます。 この機能は、Java Service Wrapper 製品の全てのエディションに含まれています。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

UNIX デーモンとして動作させる

追加的な開発などを必要とせず、UNIX デーモンとして Java アプリケーションをインストールして動作させることができます。 この機能は複数の Linux/UNIX にインストールできます。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

コーディング不要な簡単インテグレーション

Java Service Wrapper は簡単なインストール手順ですぐに利用可能です。 一番簡単なインテグレーション方法では、Java アプリケーションにコーディング追加は一切不要です。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

JVM からの全てのコンソール出力をキャプチャしてログ化する

Java Service Wrapper では、Java アプリケーションからの出力を全てキャプチャすることが可能です。 これで問題状況を把握しやすく、トラブル対応が容易になるため、 皆様のお客様へ充実したサポート提供に役立ちます。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

ワイルドカードで柔軟なクラスパス設定が可能

Java Service Wrapper では、異なる OS やプラットフォーム上でも、ワイルドカードを利用して柔軟なクラスパス設定ができるため、異なる種類のファイルを含めることもでき、Java アプリケーションを簡単にデプロイすることが可能になります。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

作業ディレクトリーのカスタマイズ

Java Service Wrapper では、作業ディレクトリを変更することができます。 これは、Wrapper 設定ファイルまたはアプリケーション内で参照されている すべての相対パスのベースロケーションです。作業ディレクトリを変更すると、 JAR ファイルの配置場所に関係なく、相対パスを簡易化したり、Java アプリケーションで一定にすることができます。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

JVM モニタリング(監視)機能でオンデマンド再起動

Java Service Wrapper では、JVM の健康状態をモニタリング(監視)して、 オンデマンドで再起動したり、イベントや Java アプリケーションでトリガーすることが可能です。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

シングルインスタンスの強制

Java Service Wrapper では強制的に Java アプリケーションを 1つのインスタンス だけに強制することができます。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

プロセス優先度のコントロール

Java Service Wrapper では Java アプリケーションの優先度をより良いパフォーマンスで 動作するようにコントロールすることができます。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

トリガーされた JVM のシャットダウン、再起動、スレッドダンプ

Java Service Wrapper では Java アプリケーションあるいはイベントにより、JVM シャットダウンや JVM 再起動をトリガーすることが可能です。 必要な時にスレッドダンプを取得することも可能で、 簡単なデバッグ目的や充実した顧客サポートの提供のためにご活用いただけます。

Fully SupportedFully SupportedFully Supported

完全なローカライズに対応した Java Service Wrapper

現在 Java Service Wrapper は、日本語、英語、ドイツ語、スペイン語でご利用いただけます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

ユーザーアプリケーションをローカライズする機能

Java Service Wrapper では API を提供しており、ご利用の Java アプリケーションをローカライズすることができます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

高度なエンコード機能

オペレーティングシステム、JVM のバージョン、あるいは実装によって、Java コードや標準 I/O ストリームで使用されるデフォルトエンコーディングは異なる値で解決されることがあります。 JVM は、プラットフォーム、バージョンや実装によって、JVM 出力やJava アプリケーションのストリームで異なるエンコーディングを使用します。 Java Service Wrapper はアプリケーションが常にすべての JVM で同じエンコーディングを使用するための簡単で効率的な機能を持っています。 また、エンコーディングのサポートの閣員や現在の言語とプラットフォームとの互換性を 確認するなど、エンコーディングが問題を引き起こすことを把握している場合に アプリケーションが起動しないようにするなど、いくつかの検証も実行します。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

Java スレッドデッドロックの自動検知および自動応答

Java Service Wrapper が Java アプリケーション内部のデッドロックを検知すると、指定したアクションを実行します。例えば「JVM を再起動させる」など。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

Windows サービスとして動作する際に、ドライブのマッピング設定

Java Service Wrapper では、Windows サービスとして動作する際に、自動的にネットワークドライブをマッピングすることができます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

リモート syslog サーバーへ全てのプラットフォームからログ化できる機能

Java Service Wrapper では、UNIX や一部の Windows プラットフォームで幅広く有効なrsyslogを利用してリモートでログ化が可能です。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

メモリ制限をパーセント率で設定可能

Java Service Wrapperでは、Javaアプリケーションに割り当てるメモリをパーセント率で設定ができる機能があります。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

コンソールなしの Wrapper バイナリを提供(Windows 版)

Java Service Wrapper には、コンソールなしで動作する Wrapperバイナリが含まれており、 Windows サービスとして Java アプリケーションを動作させたいときに便利に使えます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

アイコンのカスタマイズ(Windows 版)

Java Service Wrapper では、デフォルトの表示アイコンをカスタマイズ変更できるため、 各社の Java アプリケーション製品に Wrapper をバンドルする際に、その製品ブランドに適したアイコンを設置することができます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

スプラッシュスクリーンのカスタマイズ(Windows 版)

Java Service Wrapper では、デフォルトのスプラッシュスクリーン(アプリケーションのスタート時に表示されるイメージ画像)をカスタマイズ変更できるため、 各社の Java アプリケーション製品に Wrapper をバンドルする際に、その製品ブランドに適したスプラッシュスクリーンを設置することができます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

単一起動有効中の第二インスタンスへの対応のカスタマイズ(Windows 版)

Java Service Wrapper では、単一起動が有効の場合、 新しいインスタンスを開かず、自動的に起動中アプリケーションのウィンドウに焦点を充てます。 また、別のインスタンスが起動されるときにトリガーされるイベントを処理することでカスタムアクションを実行するも出来ます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

Wrapper バイナリの中に設定の埋め込み

Java Service Wrapper では、コンフィギュレーションプロパティをバイナリーに埋め込むことができ、簡単にデプロイ、配布できます。 プロパティは、final として埋め込むとでコンフィギュレーションファイルから変更が不可になり、 機密性の高い設定にはより高いセキュリティが出来ます。 また、特定のプラットフォームや特定の使用事例でオーバーライドできるように 通常に埋め込むこともできます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

イベントやログ出力のタイムゾーンをコントロール

Java Service Wrapper では設定したタイムゾーンでのタイムスタンプでイベントやログ化を実施します。 適切なタイムゾーンを設定することで、希望どおりの管理スケジュールやイベント予約が 可能です。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

サービスリカバリー(回復)機能の設定(Windows 版)

Windows プラットフォーム上で、Java Service Wrapper は Windows サービスマネジメントを利用することができ、Java アプリケーションを Windows サービスとしてインストールすると、エラーを検知してリカバリー(回復)する機能を利用できます。

Fully SupportedFully SupportedNot Available

ユーザー定義アクションやユーザー定義イベントの設定

Java Service Wrapper では、JVM 内でイベント予約や発生したイベントに応じたアクションを設定できます。

Fully SupportedNot AvailableNot Available

ログスナップショットに応答するメール通知

Java Service Wrapper ではメール自動送信の機能があり、Java アプリケーションに問題があった場合、メール通知でお知らせします。 さらにログのスナップショットを添付することができ、状況把握がスムーズに行えるため、 顧客への充実したテクニカルサポートの実現にお役に立てることでしょう。

Fully SupportedNot AvailableNot Available

イベントコマンド

Java Service Wrapper では、特定のイベントに応じて外部コマンドを実行することができます。

Fully SupportedNot AvailableNot Available

イベント予約

Java Service Wrapper ではタイマー機能があり、スケジュールを予約して 複数のアクションを実行させることができます。

Fully SupportedNot AvailableNot Available

最小メモリでのチャイルド(子)プロセス作成

Java Service Wrapper では、メモリ消費を最低限に抑えるため代替え方法を利用して、 チャイルド(子)プロセスを生成することができます。

Fully SupportedNot AvailableNot Available

チャイルド(子)プロセス管理

Java Service Wrapper では Java アプリケーションによって利用される 全てのチャイルド(子)プロセスを管理することができます。

Fully SupportedNot AvailableNot Available

プロセッサアフィニティ

Java Service Wrapper では、制御された JVM プロセスだけでなく、 その基盤となるプロセスにもプロセッサアフィニティを設定することができます。

Fully SupportedNot AvailableNot Available