World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.timezone プロパティ

wrapper.timezone プロパティ

対応バージョン :3.3.6
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

タイムゾーンプロパティには、Wrapper が実行されているタイムゾーンを定義します。

Wrapper バージョン 3.5.29 から、 IANA タイムゾーン識別子の使用をお薦めします。この識別子は これらの識別子は、大陸または海の名前と、そのエリア内の代表的な場所の名前 (通常は最大都市の名前)で構成されます。 例えば、『America/Los_Angeles』は、太平洋時間を示します。 識別子の完全なリストは、こちらから参照できます。

後方互換性を保つため、タイムゾーンの略語(MST、GMT、JST など)のリストもサポートされています。 ただし、複数のタイムゾーンを表すために同じ省略形が使用されることがあるため、Java はこれらを非推奨にしました。 同じコードがオペレーティングシステムによって異なる解釈につながる可能性があるため、Wrapper 構成で使用することはお勧めしません。

IANA タイムゾーンを使うと、同じコンフィギュレーションは、 どんなプラットフォーム上でも常に同じ時間を生成しれます。

タイムゾーンの定義例:
wrapper.timezone=America/Los_Angeles  //Set the Timezone to Pacific Time
                                        using a IANA identifier

wrapper.timezone=CET                  //Set the Timezone to Central European Time
                                        using abbreviation

wrapper.timezone=UTC+0100             //Set the Timezone to UTC+01

wrapper.timezone=UTC-0530             //Set the Timezone to UTC-0530
                                        (-5 hours and 30 minutes offset to UTC) 

注意

タイムゾーンを変更すると、全てのログ出力(スタンダード版やプロフェッショナル版)のタイムスタンプと、 [wrapper.timer.<n>.interval]プロパティや メール設定(プロフェッショナル版)に影響します。

Wrapper バージョン 3.5.35 より、 タイムゾーンが設定されている場合、「user.timezone」オプションで JVM へ引き渡されます。 これにより、Wrapper と Java アプリケーションの間で常に時刻が同期されることが保証されます。

wrapper.java.additional.<n>]プロパティの「-Duser.timezone=<YOUR_TIMEZONE>」を使い、 Java アプリケーション専用の異なるタイムゾーンを設定することができます。 また、このオプションを空値でに追加すると、 アプリケーションが実行されているマシンのタイムゾーンを使用します。

wrapper.timezone.folder プロパティ

対応バージョン :3.5.29
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

IANA タイムゾーン識別子を使うときにこのプロパティは必要です。 このプロパティは、IANA タイムゾーンデータベースのソースファイルを含むディレクトリーへのパスを指定します。

IANA タイムゾーンデータベースは、世界中の現地時間の変化を考慮に入れて定期的に更新されます。 データベースは複数のファイル(各リジョンに一ファイル)があり、 データベースには、複数のファイル(各地域ごとに一つのファイル)が一つの tar.gz パッケージに纏められており、 IANA(Internet Assigned Number Authority)のウェブサイトからダウンロード可能です。

そのファイルには下記のファイル名が付けられます:

  • africa

    (アフリカ)
  • asia

    (アジア)
  • australasia

    (オーストララシア)
  • europe

    (ヨーロッパ)
  • northamerica

    (北米)
  • southamerica

    (南米)

希望のタイムゾーンを含むリージョン名のファイルを選択する必要があります。 例えば、タイムゾーン『America/Los_Angeles』を使用する場合、「northamerica」ファイルが使用されます。 次に、そのファイルを抽出し、[wrapper.timezone.file]プロパティで指定された配置に保存します。 もし、 「wrapper.timezone」を別の地域にあるタイムゾーンに変更する予定がある場合、 同じフォルダに他のファイルを置くこともできます。

JAVA も IANA タイムゾーンデータベースを使用するため、Java アプリケーションが使用する時間は、 同じタイムゾーン識別子を使用する限り、Wrapper の時間と一致します。 ただし、タイムゾーンデータベースのバージョンが JRE リリースで提供されているバージョンと 同じであることを確認する必要があります。 JRE リリースごとのバージョンのリストがOracle 社のウェブサイト(英文)より確認できます。

wrapper.timezone.use_summer_time プロパティ

対応バージョン :3.3.7
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

異なるタイムゾーンで異なるサーバー上で Wrapper を動作させている場合、 システムのタイムゾーンを変更せずに、 ログファイルに同じタイムスタンプを利用したいなど、 時々、いくつかの理由により、夏時間(Daylight Savings)を停止したいことがあるしょう。 このプロパティで、夏時間/冬時間を無効に設定することができます。 [wrapper.timezone]プロパティが設定されている場合、 このプロパティで、Wrapper はタイムゾーン情報を夏時間/冬時間へ自動的に変更します。

デフォルト値は「TRUE」です。

設定例:(夏や冬への時間変更は有効)
wrapper.timezone.use_summer_time=TRUE

注意

夏時間がないタイムゾーンであれば、このプロパティは無視されます。 また、もしタイムゾーンが「UTC+/-xxxx」で定義されていない場合、Wrapper はこのプロパティを順守しません。 また、[wrapper.timezone]プロパティに 夏時間(Daylight Savings)が定義されている場合も、このプロパティの効果はありません。

wrapper.timezone.debug_timestamps プロパティ

対応バージョン :3.5.30
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティを使用すると、ログ出力のタイムスタンプに現在のタイムゾーンのオフセットを表示できます。 IANAタイムゾーンを使用する場合は、サマータイムが有効かどうかを示す文字が追加されます (夏時間の場合は「D」、標準時間の場合は「S」)。

デフォルト値は「FALSE」で、タイムスタンプはこの追加情報を無い状態で表示されます。

設定例:(wrapper.timezone.debug_timestamps=TRUE のログ出力)
STATUS | 2016/03/16 17:54:44 GMT-07:00 D | wrapper  | --> Wrapper Started as Console

サポートされているタイムゾーン識別子リスト:

IANA タイムゾーン

IANA タイムゾーン識別子の完全なリストについては、このページを参照してください。(英文)

(非推奨)タイムゾーン略語リスト:

NameOffset to UTC0 in hoursDescription
IDLW -12.0 国際日付変更線(西側)
HAST -10.0 ハワイ標準時間*
HDT -9.0 ハワイ夏時間**
AKST -9.0 アラスカ標準時間*
AKDT -8.0 アラスカ夏時間**
YST -9.0 ユーコン標準時間*
YDT -8.0 ユーコン夏時間**
PST -8.0 太平洋標準時間*
PT -8.0 太平洋標準時間*
PDT -7.0 太平洋夏時間**
MST -7.0 山岳部標準時間*
MDT -6.0 山岳部夏時間**
CST -6.0 中央部標準時間*
CDT -5.0 中央部夏時間**
EST -5.0 東部標準時間*
VST -4.5 ベネズエラ標準時間
EDT -4.0 西部夏時間**
AST -4.0 大西洋標準時間*
ADT -3.0 大西洋夏時間**
NST -3.5 ニューファンドランド標準時間*
NDT -2.5 ニューファンドランド夏時間**
GMT 0 グリニッジ標準時間*
WET 0 西ヨーロッパ時間*
WEST +1.0 西ヨーロッパ夏時間**
WEDT +1.0 西ヨーロッパ夏時間**
BST +1.0 英国夏時間**
WAT +1.0 西アフリカ時間
CET +1.0 中央ヨーロッパ標準時間*
CEST +2.0 中央ヨーロッパ夏時間**
CEDT +2.0 中央ヨーロッパ夏時間**
EET +2.0 東ヨーロッパ標準時間*
EEST +3.0 東ヨーロッパ夏時間**
EAT +3.0 東アフリカ時間
BT +3.0 バグダード時間
MSK +3.0 モスクワ時間*
MSD +4.0 モスクワ夏時間**
IRT +3.5 イラン時間*
IRST +4.5 イラン夏時間**
IST +5.5 インド標準時間
ICT +7.0 インドシナ時間
KRAT +7.0 クラスノヤルスク時間*
KRAST +8.0 クラスノヤルスク夏時間**
CNST +8.0 中国標準時間
ULAT +8.0 ウランバートル時間
CIT +8.0 中央インドネシア時間
MYT +8.0 マレーシア時間
SGT +8.0 シンガポール時間
PHT +8.0 フィリピン時間
IRKT +8.0 イルクーツク時間*
IRKST +9.0 イルクーツク夏時間**
AWST +8.0 オーストラリア西標準時間
AWDT +9.0 オーストラリア西夏時間
JST +9.0 日本標準時間
CHOT +9.0 チョイバルサン時間
EIT +9.0 東インドネシア時間
ACST +9.5 オーストラリア中央標準時間*
ACDT +10.5 オーストラリア中央夏時間**
AEST +10.0 オーストラリア東標準時間*
AEDT +11.0 オーストラリア東夏時間**
NFT +11.5 ノーフォーク時間
IDLE +12.0 国際日付変更線東
NZST +12.0 ニュージーランド標準時間*
NZDT +13.0 ニュージーランド夏時間**

* タイムゾーンに夏時間/冬時間あり

** 夏時間/デイライトセービング(Daylight Savings time)