World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.properties.dump.loglevel プロパティ

wrapper.properties.dump.loglevel プロパティ

対応バージョン :3.5.30
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティーは、コンフィギュレーションプロパティーがログ化されるログレベルを設定します。

セキュリティ上の理由から、パスワードを含むプロパティの値は隠されます。

有効なプロパティー値は次のとおり:
  • [NONE] :
    ログ記録しません。
  • [FATAL] :
    FATAL ログレベルでログ記録します。
  • [ERROR] :
    ERROR ログレベルでログ記録します。
  • [WARN] :
    WARN ログレベルでログ記録します。
  • [STATUS] :
    STATUS ログレベルでログ記録します。
  • [INFO] :
    INFO ログレベルでログ記録します。
  • [DEBUG] :
    DEBUG ログレベルでログ記録します。

デフォルト値は[DEBUG]です。

例:
wrapper.properties.dump.loglevel=INFO

注意

プロパティダンプで使われるフォーマットを[wrapper.properties.dump.format]で設定できます。

参照: ログレベル