World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.event.<event_name>.command.loglevel プロパティ

wrapper.event.<event_name>.command.loglevel プロパティ

対応バージョン :3.3.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版 (未対応)コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、実行される イベントコマンド(イベントに応じたコマンド実行)情報ログのレベルを設定します。

他のイベントコマンドのプロパティと同じように、それぞれ定義をすることができます:

  • 全てのイベント共通設定:[wrapper.event.default.command.loglevel]プロパティ
  • 特定のイベント用の設定:[wrapper.event.<event_name>.command.loglevel]プロパティ

プロパティ名の「<event_name>」コンポーネント部には、 「default」(デフォルト)のキーワードか、あるいは、 「イベントの種類の1つ」を設定します。 デフォルトプロパティを設定すると、特定のイベントの種類が明示されていないイベントには全て、そのデフォルト値を引き継ぎます。

現在のところ、イベントコマンド(イベントに応じたコマンド実行)コマンドラインのみをログ化します。

有効なログレベルは次のとおり:

  • [NONE] - ログ化なし,
  • [FATAL] - FATALログレベルでログ化します,
  • [ERROR] - ERRORログレベルでログ化します,
  • [WARN] - WARNログレベルでログ化します,
  • [STATUS] - STATUSログレベルでログ化します,
  • [INFO] - INFOログレベルでログ化します,
  • [DEBUG] - DEBUGログレベルでログ化します

デフォルト値は「DEBUG」です。

設定例:
wrapper.event.jvm_prelaunch.command.loglevel=INFO

問題?:

例えば、ログレベルを[INFO]に設定すると、全てのデバッグ出力を表示させる必要はなく、 生成されたコマンドラインをデバッグするのに便利な方法です。

さらに設定例や様々なイベントプロパティの使い方は、 イベントコマンド(イベントに応じたコマンド実行)をご覧ください。

参照: イベントコマンド(イベントに応じたコマンド実行)

Java Service Wrapper では、必要なコンフィギュレーション設定を含んだ完全なパッケージを提供しており、 それを活用することで、皆様の求めるニーズに合った動作を実現させることができます。 上記の例の他に、工夫次第で様々なことが実現可能となりますので、それぞれ個別にプロパティページをご覧ください。

参照: ログレベル