World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.syslog.loglevel プロパティ

wrapper.syslog.loglevel プロパティ

対応バージョン :2.2.5
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、Windowsのイベントログ、UNIXシステムの「syslog」ログ出力のログレベルを設定します。

有効なログレベルは次のとおり:

  • [NONE] - ログ出力なし,
  • [FATAL] - 致命的なエラーメッセージのみを出力,
  • [ERROR] - 全てのエラーメッセージを出力,
  • [WARN] - 全ての警告メッセージを出力,
  • [STATUS] - 全てのステート(状態)変更を出力,
  • [INFO] - 全てのJVM出力や有益な情報メッセージを出力,
  • [DEBUG] - デバッグ情報の詳細を出力

デフォルト値は「NONE」です。

設定例:(出力なし)
wrapper.syslog.loglevel=NONE

注意

ログレベルをとても高い(詳細)レベルに設定する際には注意してください。 例えば、情報量の多い [DEBUG] ログレベルに設定した場合、 「イベントログ」や「syslog」のログの書き込み量ですぐにログが膨れ上がります。

情報

上記に加えて、 [NOTICE] (注意)や [ADVICE] (アドバイス) メッセージがありますが、UNIXの「syslog」ログや Windowsのイベントログへの出力はありません。

参照: Syslog / イベントログ

参照: ログレベル