World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.java.command.loglevel プロパティ

wrapper.java.command.loglevel プロパティ

対応バージョン :3.1.2
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

デフォルトで、Wrapperは生成されたJavaコマンドラインを [DEBUG] ログレベルでログ化します。 全てのデバッグ出力を有効にせず、この生成されたログレベルを見たいと思う方も多いことでしょう。 このプロパティには、生成されたコマンドラインのログ出力の対象となるログレベルを設定します。

有効なプロパティー値は次のとおり:
  • [FATAL] :
    FATALログレベルでログ化します。
  • [ERROR] :
    ERRORログレベルでログ化します。
  • [WARN] :
    WARNログレベルでログ化します。
  • [STATUS] :
    STATUSログレベルでログ化します。
  • [INFO] :
    INFOログレベルでログ化します。
  • [DEBUG] :
    DEBUGログレベルでログ化します。

デフォルト値は[DEBUG]です。

設定例:
wrapper.java.command.loglevel=DEBUG

アプリケーション開始に問題?

例えば、ログレベルを [INFO] に設定すると、全てのデバッグ出力を表示させる必要はなく、 生成されたコマンドラインをデバッグするのに便利な方法です。

設定例:
wrapper.java.command.loglevel=INFO

参照: Java コマンド