World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.console.flush プロパティ

wrapper.console.flush プロパティ

対応バージョン :3.2.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティを「TRUE」に設定すると、 各出力ラインがコンソールへ送られた後、Wrapperが必ずstdout(データ標準出力)をフラッシュ(書き出し)します。 通常の稼働時には必要ないように思われますが、 Wrapperプロセスのコンソール出力を他のアプリケーションへパイプでつないでいるユーザーから、 「コンソール出力がリアルタイムでフラッシュ(書き出し)されていなかった」と報告を受けたことがあります。 デフォルト値は「FALSE」です。

設定例:
wrapper.console.flush=FALSE

注意

WrapperがCYGWIN環境下で動作している場合、 Wrapperバージョン3.5.25から、デフォルト値は「TRUE」です。

参照: コンソール