World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.ntservice.generate_console プロパティ

wrapper.ntservice.generate_console プロパティ

対応バージョン :3.3.2
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSX (未対応)Linux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

このプロパティは、Windowsサービスとして動作する時や Wrapperバイナリのコンソールレス版「wrapperW.exe」で動作する時、 強制的に内部コンソールを常に作成する(TRUE)ために追加されました。

デフォルト値は「TRUE」です。

設定例:
wrapper.ntservice.generate_console=TRUE

注意

正しく機能するためにWrapperプロセスから起こされるスレッドダンプ機能にコンソールが必要です。 コンソールが作成され、サービスがインタラクティブ(対話型)なとき、 そのコンソールの表示や非表示の際に瞬間的に画面がチラつくことがあります。 このプロパティを無効にすると、そのチラつきは解消されますが、スレッドダンプ機能が正しく動作しません。

注意

このプロパティは、 コンフィギュレーションのリロード(再読み込み) で、プロパティ値を有効にすることはできません。 変更したプロパティ値を有効にするためには、Wrapperを再起動してください。

参照: コンソール