World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.console.format プロパティ

wrapper.console.format プロパティ

対応バージョン : 1.0.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、コンソール出力の表示形式を設定します。 ログ化は、意図的にシンプルな構成にしてあります。

表示形式は次のトークンで構成されています:

  • [L] - ログレベル,
  • [P] - プリフィックス(接頭語),
  • [D] (ver. 3.1.0から) - スレッド,
  • [T] - 時間,
  • [Z] - ミリ秒,
  • [R] - 前回のJVM出力以降からの所要時間ミリ秒
  • [U] (ver. 3.5.0から)- 秒数で、およその動作可能時間(内部のティックカウンターをベースに、スタートアップから1年まで有効),
  • [G] (ver. 3.5.8から)- 前回のログ記録をミリ秒表示でログ化します。 (さらに詳しくは[wrapper.log.warning.threshold]プロパティを参照)
  • [M] - メッセージ

もし、形式指定に上記のトークン値を含んでいた場合、そのトークンの構成に従い、形式スタイルが形成されます。 トークンの順序は、ログ表示に影響はありませんが、 [M] (メッセージ)トークンは、表示幅が変動的なので、通常、最後に置くと良いでしょう。 もし、プロパティにトークンが欠けていたり、コメントアウト(コメント記号で無効化)されていた場合、 出力表示には、デフォルト値「PM」が利用されます。

プロパティ設定例:

設定例:
wrapper.console.format=PM

ログの無効化:

プロパティ値を「ブランク(空値)」に設定すると、コンソール出力が無効になります。

設定例:
wrapper.console.format=

出力例:

下記の例は、様々な設定による出力例です。 最初の2行は、Wrapperからの出力であり、最後がJVMからの出力であることに注目してください。

出力例(プロパティ設定[wrapper.console.format=LPZM):
STATUS | wrapper  | 2001/12/11 13:45:33.560 | --> Wrapperがコンソールとして開始しました
STATUS | wrapper  | 2001/12/11 13:45:33.560 | JVM起動中...
INFO   | jvm 1    | 2001/12/11 13:45:35.575 | 初期化中...
出力例(プロパティ設定[wrapper.console.format=LPTM):
STATUS | wrapper  | 2001/12/11 13:45:33 | --> Wrapperがコンソールとして開始しました
STATUS | wrapper  | 2001/12/11 13:45:33 | JVM起動中...
INFO   | jvm 1    | 2001/12/11 13:45:35 | 初期化中...
出力例(プロパティ設定[wrapper.console.format=PTM):
wrapper  | 2001/12/11 13:45:33 | --> Wrapperがコンソールとして開始しました
wrapper  | 2001/12/11 13:45:33 | JVM起動中...
jvm 1    | 2001/12/11 13:45:35 | 初期化中...
出力例(プロパティ設定[wrapper.console.format=PM):
wrapper  | --> Wrapperがコンソールとして開始しました
wrapper  | JVM起動中...
jvm 1    | 初期化中...
出力例(プロパティ設定[wrapper.console.format=M):
--> Wrapperがコンソールとして開始しました
JVM起動中...
初期化中...
出力例(プロパティ設定[wrapper.console.format=):
< 出力なし >

[D] (スレッド)トークンは、主にWrapperのデバッグ時に便利です。 与えられたログメッセージの内部Wrapperスレッド出力情報が表示されます。 Javaスレッドに関する情報は表示されません。

出力例(プロパティ設定[wrapper.console.format=LPDTM):
STATUS | wrapper  | main    | 2001/12/11 13:45:33 | --> Wrapperがコンソールとして開始しました
STATUS | wrapper  | main    | 2001/12/11 13:45:33 | JVM起動中...
INFO   | jvm 1    | main    | 2001/12/11 13:45:35 | 初期化中...

参照: コンソール