World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.logfile.close.timeout プロパティ

wrapper.logfile.close.timeout プロパティ

対応バージョン :3.5.21
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

ログ記録中にJVMアプリケーションがアイドル状態の場合、デフォルトでWrapperはそのログファイルを閉じます。 そのため、そのファイルを 他の方法で検知したり操作することが可能です。 このプロパティでは、ログファイルが閉じられた後、次のログエントリを記録して閉じるまでの秒数をコントロールします。

可能な値は「0秒〜3600秒」の範囲または「-1」です。 「-1」に設定すると、ファイルを閉じることを完全に無効(ずっと開いた状態)にします。 プロパティ値を「0 (ゼロ)」に設定すると、ログエントリがディスクに書き込まれた後すぐにログファイルを閉じます。

デフォルト値は「1秒」です。

設定例:(1秒)
wrapper.logfile.close.timeout=1

ログファイルが閉じられる時、フラッシュされていないログ出力を自動的にフラッシュ(書き出し)します。 ログファイルをフラッシュ(書き出し)する周期間隔を [wrapper.logfile.flush.timeout]プロパティで設定することができます。

警告

出力の一行ラインごとに、ファイルを開いたり閉じたりする必要があるため、 ファイルのフラッシュ(書き出し)動作は比較的、重い作業となりますので、 プロパティ値「0 (ゼロ)」では、Wrapper上ではっきりと体感できるくらいパフォーマンスに大きな影響を与えます。

注意

逆互換性の都合で、このプロパティのデフォルト値は、 [wrapper.logfile.inactivity.timeout]プロパティ (Wrapperバージョン3.2.0で導入、 Wrapperバージョン3.5.21で廃止) のデフォルト値を取得します。

参照: ログファイル