World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.wait_for_hostid.* プロパティ

概要

注意

このプロパティは、サーバーライセンスご利用のお客様向け、Linux/UNIX プラットフォームで使われるプロパティです。 開発版やコミュニティー版では不要です。

Wrapperバージョン 3.4.0 のリリースで、 UNIX プラットフォームのブートスクリプト内で、Wrapper をインストール/インテグレーションをすることが可能になりました。 しかしながら、サーバーライセンスでは、ネットワークインターフェイスの HostId に拘束されているため、 OS のスタートアップ中の早い時点では、すぐにインターフェイスが有効にならないケースが発生する可能性があります。

UNIX デーモンとしてスタートしているとき、Wrapper は、ライセンスを検証する前に ネットワークインターフェイスが利用可能になるの待機することにより、この競合状態を解消します。 デフォルトで、Wrapper は(指定されたタイムアウト時間まで)一つ以上のネットワークインターフェイスが検出するまで待機しますが、 この動作を、ライセンスの HostId を検出するまで待機するように変更できます。

次のプロパティセットをご利用するとこの機能を有効/無効にすることが出来ます。

wrapper.wait_for_hostid プロパティ

対応バージョン :3.4.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、スタートアップ時に Wrapper をネットワークインターフェイスを検出するまでに待機するように設定します。

デーモンとしてスタートしているとき、そのデフォルト値は「TRUE」で、さもなければ「FALSE」。

設定例:(待機する)
wrapper.wait_for_hostid=TRUE

インターフェイスを待っている間、Wrapper は 10 秒毎に短いメッセージ「インターフェイス待ち」を ログファイルへ出力をします。

ログファイルの記録例:
wrapper  | HostId(s)... (System HostId(s): xxxxx

一部のネットワークインターフェイス(特に、WiFi インターフェイス)は、ユーザーがログインした後、 あるいはデーモンが開始されたあとに立ち上がる様に設定されているため、スタートアップ時に Wrapper に使用できないという現象が既に発覚しています。 従って、マシンのブート中、Wrapper を開始したい時には、イーサネットインターフェイスを利用することをお薦めします。

wrapper.wait_for_hostid.strict プロパティ

対応バージョン :3.5.41
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティを「TRUE」に設定すると、[wrapper.wait_for_hostid.timeout]プロパティの値(秒数)までの期間、指定の HostId (ライセンスキーファイルの HostId)を強制待機します。

デフォルト値は「FALSE」で、 Wrapper に一つ以上のネットワークインターフェースが検出されると待機を終了するように指示します。

注意

Wrapper バージョン 3.5.41 以前、Wrapper はいつもライセンスキーの HostId を検出するまで待機していたので、 [wrapper.wait_for_hostid.strict]が「TRUE」に設定されたときと同じ動作を行っていました。

wrapper.wait_for_hostid.timeout プロパティ

対応バージョン :3.5.41
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、Wrapper がネットワークインターフェイスの立ち上がりを待ち、「待機する最大時間(秒数)」を設定します。 その設定した時間まで、1秒毎に、Wrapper はインターフェイスをチェックします。

デフォルト値は「15秒」です。

設定例:(30秒)
wrapper.wait_for_hostid.timeout=30

wrapper.max_hostid_timeout プロパティ

対応バージョン :3.4.0 (Deprecated as of 3.5.41)
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

このプロパティは Wrapper バージョン 3.5.41 で廃止され、 代わりに[wrapper.wait_for_hostid.timeout] プロパティが追加されました。

参照: タイムアウト(時間切れ)