World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.event.<event_name>.email.send.timeout プロパティ

wrapper.event.<event_name>.email.send.timeout プロパティ

対応バージョン :3.3.2
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版 (未対応)コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

Wrapper が SMTP サーバーへコマンドを送信ときに待機する最大秒数を設定します。

なお、メール送信時に複数のコマンドが送信されますが、このタイムアウトは各コマンドを送信するのに待機する最大時間を制限します。 また、SMTP サーバーからの応答を待機するときに別のタイムアウトが適用されます。そのタイムアウトは「wrapper.event.<event_name>.email.receive.timeout」プロパティで制限されます。 したがって、メールを送信するために必要な合計時間は、送信される各コマンドに適用されるタイムアウトの合計までである可能性があります。

デフォルト値は 30 秒で、有効な範囲は 0 から 300 までです。 有効範囲外の値は自動的に調整され、エラーや警告メッセージは出力されません。

他のイベントメールのプロパティと同じように、それぞれ定義をすることができます:

  • 全てのイベント共通設定:[wrapper.event.default.email.send.timeout]プロパティ
  • 特定のイベント用の設定:[wrapper.event.<event_name>.email.send.timeout]プロパティ

プロパティ名の「<event_name>」コンポーネント部には、 「default」(デフォルト)のキーワードか、あるいは、 「イベントの種類の1つ」を設定します。 デフォルトプロパティを設定すると、特定のイベントの種類が明示されていないイベントには全て、そのデフォルト値を引き継ぎます。

設定例:
wrapper.event.default.email.send.timeout=10