World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.event.<event_name>.email.smtp.auth.type プロパティ

wrapper.event.<event_name>.email.smtp.auth.type プロパティ

対応バージョン :3.5.3
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版 (未対応)コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、メール送信時にSMTPサーバーへ接続する際、 「認証方法」を設定します。

他のイベントメールのプロパティと同じように、それぞれ定義をすることができます:

  • 全てのイベント共通設定:[wrapper.event.default.email.smtp.auth.type]プロパティ
  • 特定のイベント用の設定:[wrapper.event.<event_name>.email.smtp.auth.type]プロパティ

プロパティ名の「<event_name>」コンポーネント部には、 「default」(デフォルト)のキーワードか、あるいは、 「イベントの種類の1つ」を設定します。 デフォルトプロパティを設定すると、特定のイベントの種類が明示されていないイベントには全て、そのデフォルト値を引き継ぎます。

現在のところ、次の認証タイプがサポートされています。 現在は、WrapperはSSLベースの接続タイプをサポートしていませんが、 将来的には、SSLを含む、認証タイプを追加していく予定です。

デフォルト値は「NONE」です。

設定例:
wrapper.event.default.email.smtp.host=smtp.example.com
wrapper.event.default.email.smtp.port=25
wrapper.event.default.email.smtp.auth.type=PLAIN
wrapper.event.default.email.smtp.auth.userid=me@example.com
wrapper.event.default.email.smtp.auth.password=PASSWORD

使い方の具体例は、イベントメール(イベントに応じたメール通知機能)の概要をご覧ください。

参照: イベントメール(イベントに応じたメール通知機能)