World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.anchorfile プロパティ

インデックス

wrapper.anchorfile プロパティ

対応バージョン :3.1.1
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

このプロパティの説明を読まずに、パラメータを変更することは絶対にしないで下さい。 設定を間違えると、期待どおりに動作せず、Wrapper の動作不良や不具合の原因となります。

このプロパティには、スタートアップ時に Wrapper がるアンカーファイルを作成するように設定します。

Wrapper がそのアンカーファイルをモニタリング(監視)して、そのファイルが削除されると、 Wrapper はシャットダウンします。 Wrapper は通常の方法でも、もちろんシャットダウンすることができます。 もし、Wrapper がシャットダウンする時点で、アンカーファイルが残っていた場合、 そのアンカーファイルは自動的に削除されます。

このプロパティは、デフォルトで設定されません。 よくある一般的な値は、 [./myapp.anchor] あるいは [/var/run/myapp.anchor] です。

設定例:
wrapper.anchorfile=wrapper.anchor

情報

全てのプラットフォーム上で、このプロパティがサポートされていますが、 UNIX システム上で、ほとんど一般的に [wrapper.ignore_signals]プロパティとの組み合わせで利用されます。 そのような場合には、これらのプロパティのどれかを手動で設定するのではなく、 Wrapper に同梱して提供しているシェルスクリプトで、 [IGNORE_SIGNALS]のプロパティをを有効化(コメント記号を外す)するべきと推奨されます。 さらに詳しくは、[wrapper.ignore_signals]プロパティをご覧ください。

注意

このプロパティは、コンフィギュレーションのリロード(再読み込み)で、プロパティ値を有効にすることはできません。 変更したプロパティ値を有効にするためには、Wrapper を再起動してください。

wrapper.anchorfile.poll_interval プロパティ

対応バージョン :3.5.31
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

アンカーファイルの存在を確認するテストのインターバル(一定間隔)をコントロールするには、この[wrapper.anchorfile.poll_interval]プロパティを使います。 デフォルト値は「5秒」で、有効な値の範囲は「1秒〜3600秒」の範囲です。

設定例:
wrapper.anchorfile.poll_interval=5

注意

このプロパティは、コンフィギュレーションのリロード(再読み込み) で、プロパティ値を有効にすることはできません。 変更したプロパティ値を有効にするためには、Wrapper を再起動してください。

wrapper.anchorfile.group プロパティ

対応バージョン :3.5.38
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このファイルにグループを設定することができます。 詳しくは[wrapper.*.group]プロパティを参照ください。

設定例:
wrapper.anchorfile.group=jenkins

wrapper.anchorfile.umask プロパティ

対応バージョン :3.2.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このファイルに「umask」を設定することができます。 詳しくは[wrapper.*.umask]プロパティを参照ください。

設定例:
wrapper.anchorfile.umask=0022

wrapper.anchor.poll_interval プロパティ(非推奨)

対応バージョン :3.1.1 (Deprecated as of 3.5.31)
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

このプロパティの使用は、Wrapper バージョン 3.5.31で非推奨になり、[wrapper.anchorfile.poll_interval]プロパティの使用を推奨しました。

アンカーファイルの存在を確認するテストのインターバル(一定間隔)をコントロールするためにこの[wrapper.anchor.poll_interval]プロパティを使うことができます。 デフォルト値は「5秒」で、有効な値の範囲は「1秒〜3600秒」の範囲です。

設定例:
wrapper.anchor.poll_interval=5

注意

このプロパティは、コンフィギュレーションのリロード(再読み込み)で、プロパティ値を有効にすることはできません。 変更したプロパティ値を有効にするためには、Wrapper を再起動してください。

参照: PID、ID、ステータスファイル

参照: シグナル関連