World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.use_javaio_thread プロパティ

wrapper.use_javaio_thread プロパティ

対応バージョン :3.5.8 (3.5.21で廃止)
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

Wrapperバージョン3.5.21の時点で、このプロパティは廃止されました。 代わりに [wrapper.javaio.use_thread]プロパティが導入されました。

このプロパティには、JVMからのコンソール出力処理に専用スレッドを「利用する(True)/利用しない(False)」を設定します。 従来からの方式で、そのような出力は全て、Wrapperのメインスレッド内で処理されました。 しかしながら、重いI/O(入出力)を読み込んだサーバー上で、ディスクへログ出力の書き出し中に、メインスレッドがブロック(一時中止)することがあります。

Wrapperのデバッグログレベルが設定されていない場合、 そのメインループはJVMコンソール出力以外では大きなログを取らないため、 この出力を他のスレッドへ動かすことで、Wrapperのメインスレッドが遅延なく常に確実に動作させることができます。

専用スレッドを利用する欠点は:

  • メモリーやリソース要件がやや高くなる
  • 2つのスレッドによってログ化されたエントリーが上手く同期しないため、 特にスタートアップ時に、デバッグログ出力を読み込むのが大変になることがある。

ほとんどのユーザーには専用スレッドを必要としませんので、デフォルト値は「FALSE」です。

設定例:(専用スレッド不用)
wrapper.use_javaio_thread=FALSE

参照: コマンドファイル