World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.java.initmemory プロパティ

インデックス

wrapper.java.initmemory プロパティ

対応バージョン : 1.0.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、スタートアップ時にJVMが割り当てる「初期のメモリ容量」をメガバイト(MB)で設定します。 デフォルト値は「0 (ゼロ)」で、JVMのデフォルト値を利用します。

もし、このプロパティ値にゼロ以外の値を指定した場合、 Wrapperによって生成されたJavaコマンドへ、適切な[-Xms]パラメータが加えられます。 もし、このプロパティ値、この初期メモリは、 [wrapper.java.maxmemory] プロパティに設定した値以下でなければなりません。

このプロパティ値を「0 (ゼロ)」に設定して、 [wrapper.java.additional.<n>] プロパティを使って、 [-Xms]パラメータを手動で指定することも可能です。

このプロパティ値は、アプリケーションのスタートアップ時間に影響を及ぼします。 一旦スタートして、アプリケーションから要求される実際のメモリ量に極めて近い値の時、 スタートアップ時間は、最適化されます。 Windows や Linux のJVMのデフォルト値は、通常2MBですが、Solaris JVMの場合は、最低3MBが必要です。 有効な値は、「1MB」からwrapper.java.maxmemory] プロパティ値の範囲で、上限制限はありません。

設定例: (3MB)
wrapper.java.initmemory=3

このプロパティは、ほとんどのユーザーにとって便利なものとして提供されており、 [wrapper.java.initmemory.percent]プロパティ で相対メモリーサイズを設定することも可能です。下記のように [wrapper.java.additional.<n>]プロパティ を利用して、もっと複雑なメモリー設定をすることもできます。

設定例:(3MBと同等)
wrapper.java.additional.1=-Xms3m

注意

もし、Javaのメモリやガベージコレクションについて全てを熟知していない場合には、 下記の文書を一読することをお薦めします。 初期メモリや最大メモリがどのようにJavaのパフォーマンスに影響を与えるのか、詳細に説明されています。 また、アプリケーションのパフォーマンスを改善するためにはどうするべきかの詳細まで踏み込んでいます。

wrapper.java.initmemory.percent プロパティ

対応バージョン :3.3.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、システム上の有効な物理メモリ量に対して相対的な「しきい値」(パーセント)でメモリを設定します。 このプロパティの有効な値は、 「1%」から「100%」の範囲で指定し、MBサイズへ計算して変換されます。 Wrapperの32ビット版では、物理メモリか2048MBより低い値への相対的な値を計算します。

設定例:(60%)
wrapper.java.initmemory.percent=60

上記の例(60%)の場合には、もしシステムに「1GB (1024MB)」のメモリがインストールされているならば、 初期メモリは「614MB (=1024x60%)」として設定されます。

注意

Javaでは、JVMにスワップメモリが発生すると、Javaの動作がとても鈍くなります。 従って、安全なメモリレベルを決定する際に、OS要求や他のいかなるアプリケーションにも配慮することは大切なことなのです。

注意

この機能は、現在のところ、AIX バージョン上では正しく動作しません。 その問題は調査中ですが、その理由のためだけにWrapper製品のリリースを停滞させたくなかったため、 リリース公開を継続しています。

参照: Java メモリー

参照: Java コマンド