World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
ライセンスキープロパティ

ライセンスキープロパティ概要

Java Service Wrapperのスタンダード版やプロフェッショナル版をご利用になる際は、 ライセンスキーを使って製品の利用を有効化にする必要があります。 Wrapperのコンフィギュレーションファイルの中の [ライセンスキープロパティ]にライセンスキーが明記されている必要があります。

ライセンスキープロパティの種類

各ライセンスキープロパティについて、下記の各ライセンスごと (サーバーライセンスキー開発ライセンスキー)に説明しています。

  • wrapper.license.debug
  • wrapper.license.dev_application
  • wrapper.license.features
  • wrapper.license.host_id
  • wrapper.license.id
  • wrapper.license.key.<n>
  • wrapper.license.lease_term.begin_date
  • wrapper.license.lease_term.end_date
  • wrapper.license.licensee
  • wrapper.license.type
  • wrapper.license.upgrade_term.begin_date
  • wrapper.license.upgrade_term.end_date

問題?:

もしライセンスに関する問題に遭遇した場合には、 [wrapper.license.debug] プロパティを「TRUE」に設定して、 インクルードファイル(カスケード形式)のデバッグを有効にしてください。 併用することで、ほとんどのコンフィギュレーション問題が明らかになります。

サーバーライセンスキープロパティの概要

サーバーライセンスキーは、コンフィギュレーションファイル 「wrapper.conf」や コンフィギュレーションファイルのカスケード を使って参照する他のコンフィギュレーションファイルの中に直接に配置されるプロパティのセットで構成されています。 ライセンスキーは、ライセンスキーの中で指定されたホストIDから判断し、特定のサーバーに制限されます。

与えられたサーバーのホストIDは、シェル内部から、あるいは、コマンドプロンプトから、 [-h]パラメータを使い、Wrapperバイナリ を起動することで入手できます。 これにより、以下のような出力が得られます。

Windows 出力表示の例:
Java Service Wrapper Professional Edition nn-bit n.n.n
  Copyright (C) 1999-2009 Tanuki Software, Ltd.  All Rights Reserved.
        http://wrapper.tanukisoftware.org

Java Service Wrapper 利用を有効化するライセンスキーが必要です。
ライセンスキーは Java Service Wrapperウェブサイトで購入できます:
  http://wrapper.tanukisoftware.com/purchase

次のホストID用に、ライセンスキーを生成できます。
  ホストID:
    00123456789a (#1)

ライセンスの任意ホスト名: myhost
Linux 出力表示の例:
Java Service Wrapper Professional Edition nn-bit n.n.n
  Copyright (C) 1999-2009 Tanuki Software, Ltd.  All Rights Reserved.
        http://wrapper.tanukisoftware.org

Java Service Wrapper 利用を有効化するライセンスキーが必要です。
ライセンスキーは Java Service Wrapperウェブサイトで購入できます:
  http://wrapper.tanukisoftware.com/purchase

次のホストID用に、ライセンスキーを生成できます。
  ホストID:
        00123456789a (eth0:avahi)
        00123456789b (eth1)

表示されるホストIDのどれも、ライセンスキーを生成するために利用されます。

サーバーライセンスの出力表示の例:
wrapper.license.type=NODE
wrapper.license.id=200804010006
wrapper.license.licensee=Acme, Inc.
wrapper.license.host_id=00123456789a
wrapper.license.features=pro, 64bit
wrapper.license.upgrade_term.begin_date=2008-04-01
wrapper.license.upgrade_term.end_date=2009-04-01
wrapper.license.key.1=0222-2e8a-6f6d-4a4a
wrapper.license.key.2=007d-7e3c-5e2a-427e
wrapper.license.key.3=ce16-f5f0-59f4-d18a
wrapper.license.key.4=b6ca-c31a-6be8-323d
  • .type](タイプ)は、サーバーライセンスキーのため、常に「ノード(NODE)」です。

  • .id](ID)は、ライセンスキーを固有に識別するために使われ、 ライセンス管理ページで、確認することができます。

  • .licensee](ライセンス保有者)は、Wrapperが起動するといつでも、 Wrapperログファイルやコンソールに表示されます。 上記のライセンスキーのケースでは、Wrapper出力は以下のようになります:

    Java Service Wrapper Professional Edition nn-bit n.n.n
      Copyright (C) 1999-2009 Tanuki Software, Ltd.  All Rights Reserved.
            http://wrapper.tanukisoftware.org
      Acme, Inc. へライセンスを割り当て
  • .host_id](ホストID)は、Wrapperが動作している単一のサーバーを特定し、利用の有効化の承認に利用されます。

  • .features](機能)は、承認されたWrapperのエディションを表示するために利用されます。 この例では、「64ビットのプロフェッショナル版」の利用が承認されています。 これは同時に、その下位である「32ビットのスタンダード版」も利用が可能です。

  • .upgrade_term.begin_date](アップグレード有効期間の開始日) [.upgrade_term.end_date](アップグレード有効期間の終了日) は、ライセンスキーで承認されたWrapperのリリース日により決まります。 上記のライセンスの例では、2009-04-01より以前にリリースされたWrapperバージョンの利用が可能です。 指定されたアップグレード有効期間内にリリースされたバージョンへ、アップグレードすることが認められており、 そのアップグレード有効期間の最終日を過ぎても、継続的に利用することができます。

  • トライアル ライセンスキーには、リース期間のオプションが表示される場合もあります。 Wrapperの運用が認められている期間を限定します。 一旦、リース期間が切れると、Wrapperは、もはや起動しません。

  • .key.1-4](4つのキー)は、ライセンスプロパティの残りを有効化するために使われます。

注意

ライセンスキープロパティ値が指定されていて、その値が少しでも改ざんされた場合は、ライセンス承認に失敗します。

ライセンスキープロパティ名の中に、ホスト名を含んでいる単一のファイルの中に、 複数のサーバーのライセンスキーを含めることも可能です。 下記の例では、ホスト名「myhost」が提供されたライセンスキーを示しています。 ライセンスキーを再発行せずに、ライセンスキープロパティのホスト名の一部を変更することが可能です。

wrapper.myhost.license.type=NODE
wrapper.myhost.license.id=200804010006
wrapper.myhost.license.licensee=Acme, Inc.
wrapper.myhost.license.host_id=00123456789a
wrapper.myhost.license.features=pro, 64bit
wrapper.myhost.license.upgrade_term.begin_date=2008-04-01
wrapper.myhost.license.upgrade_term.end_date=2009-04-01
wrapper.myhost.license.key.1=0222-2e8a-6f6d-4a4a
wrapper.myhost.license.key.2=007d-7e3c-5e2a-427e
wrapper.myhost.license.key.3=ce16-f5f0-59f4-d18a
wrapper.myhost.license.key.4=b6ca-c31a-6be8-323d

代わりに、Wrapperバージョン3.3.2を利用して、 ライセンスキープロパティ名の内部で、複数のhost_id自体を利用することも可能です。 つまり、1台の単一のホストのために、1つのキー以上を定義することも可能です。 これは必要とされる一例をあげると、現在有効な固有の物理カード次第で、ホストIDを変更したいところで、 バランス化されたネットワークカードのロードを使うシステムです。

wrapper.00123456789a.license.type=NODE
wrapper.00123456789a.license.id=200804010006
wrapper.00123456789a.license.licensee=Acme, Inc.
wrapper.00123456789a.license.host_id=00123456789a
wrapper.00123456789a.license.features=pro, 64bit
wrapper.00123456789a.license.upgrade_term.begin_date=2008-04-01
wrapper.00123456789a.license.upgrade_term.end_date=2009-04-01
wrapper.00123456789a.license.key.1=0222-2e8a-6f6d-4a4a
wrapper.00123456789a.license.key.2=007d-7e3c-5e2a-427e
wrapper.00123456789a.license.key.3=ce16-f5f0-59f4-d18a
wrapper.00123456789a.license.key.4=b6ca-c31a-6be8-323d

開発ライセンスキープロパティの概要

開発ライセンスキーは、コンフィギュレーションファイル 「wrapper.conf」や コンフィギュレーションファイルのカスケード を使って参照する他のコンフィギュレーションファイルの中に 直接に配置されるプロパティのセットで構成されています。 ライセンスキーは、アプリケーションのメインクラスの値を使い、特定のアプリケーションに制限されます。

アプリケーションのメインクラスは、 [wrapper.java.mainclass] プロパティを使って指定されます。 もし、メインクラスがWrapper とともに含まれるヘルパークラス ([org.tanukisoftware.wrapper.WrapperSimpleApp] あるいは [org.tanukisoftware.wrapper.WrapperStartStopApp]) の1つなら、 [wrapper.app.parameter.1] プロパティを使って、メインクラスが指定されます。 どちらのケースでも、もしメインクラスが変更されずに残っている場合、ライセンスがWrapperを唯一、承認されます。

開発ライセンスキーの表示例:
wrapper.license.type=DEV
wrapper.license.id=200804010003
wrapper.license.licensee=Acme, Inc.
wrapper.license.dev_application=Acme Control Server
wrapper.license.features=pro, 64bit
wrapper.license.upgrade_term.begin_date=2008-04-01
wrapper.license.upgrade_term.end_date=2009-04-01
wrapper.license.key.1=a0a5-b478-ca71-8d59
wrapper.license.key.2=9296-6f2d-0e58-75e6
wrapper.license.key.3=0f5d-2cf2-ad36-54f9
wrapper.license.key.4=b859-dc75-61d7-b0ca
  • .type](タイプ)は、 開発ライセンスキーのため、常に「DEV」です。

  • .id](ID)は、ライセンスキーを固有に識別するために使われ、 ライセンス管理ページで、確認することができます。

  • .licensee](ライセンス保有者)や [.dev_application](開発アプリケーション)の値は、 Wrapperが起動するといつでも、 Wrapperログファイルやコンソールに表示されます。 上記のライセンスキーのケースでは、Wrapper出力は以下のようになります:

    Java Service Wrapper Professional Edition nn-bit n.n.n
      Copyright (C) 1999-2009 Tanuki Software, Ltd.  All Rights Reserved.
            http://wrapper.tanukisoftware.org
      Control Server用 Acme, Inc.へライセンスを割り当て
  • .features](機能)は、承認されたWrapperのエディションを表示するために利用されます。 この例では、「64ビットのプロフェッショナル版」の利用が承認されています。 これは同時に、その下位である「32ビットのスタンダード版」も利用が可能です。

  • .upgrade_term.begin_date](アップグレード有効期間の開始日) [.upgrade_term.end_date](アップグレード有効期間の終了日) は、ライセンスキーで承認されたWrapperのリリース日により決まります。 上記のライセンスの例では、2009-04-01より以前にリリースされたWrapperバージョンの利用が可能です。 指定されたアップグレード有効期間内にリリースされたバージョンへ、アップグレードすることが認められており、 そのアップグレード有効期間の最終日を過ぎても、継続的に利用することができます。

  • トライアル ライセンスキーには、リース期間のオプションが表示される場合もあります。 Wrapperの運用が認められている期間を限定します。 一旦、リース期間が切れると、Wrapperは、もはや起動しません。

  • .key.1-4](4つのキー)は、ライセンスプロパティの残りを有効化するために使われます

    Wrapperバージョン3.3.6から、5番目のキー値が追加され、 アップグレード期間を難読化することも可能になりました。 これは、Wrapperアップグレード期間の表示を隠すことで、 ソフトウェアベンダーの顧客への混乱を避けるために便利です。 同時に、ライセンスキーのアップグレード期間が難読化されるため、 顧客先の各自でWrapperをアップグレードしているユーザーのサポートも困難にもなりますのでご了承ください。 アップグレード期間よりも新しいWrapperバイナリを動作させると、 エラーメッセージにアップグレード期間の終了日が含まれますが、 これは小さな問題です。

    新しいライセンスキーを取得するとき、またはライセンスキーが存在しているとき、 難読化されたアップグレード期間情報にアクセスすることができます。

開発ライセンスキーの表示例:
wrapper.license.type=DEV
wrapper.license.id=200804010003
wrapper.license.licensee=Acme, Inc.
wrapper.license.dev_application=Acme Control Server
wrapper.license.features=pro, 64bit
wrapper.license.key.0=ada5-ac8d-6f2d-54f9
wrapper.license.key.1=a0a5-b478-ca71-8d59
wrapper.license.key.2=5296-6d2d-0e58-79e6
wrapper.license.key.3=6f5d-acf2-3d36-64f9
wrapper.license.key.4=c859-dcf5-61d7-b8ca

注意

ライセンスキープロパティ値が指定されていて、その値が少しでも改ざんされた場合は、ライセンス承認に失敗します。

ライセンスファイルをコンフィギュレーションカスケード形式で有効にする

コンフィギュレーションファイル 「wrapper.conf」 の外部にWrapperライセンスキープロパティを置くことが望ましい場合も、しばしばあります。 インクルードファイル(カスケード形式)機能を 利用することにより、 簡単に設定することができます。

wrapper.conf」ファイルと同じディレクトリー内に ファイル名を「wrapper-license.conf」と名付けて、 ライセンス用のコンフィギュレーションファイルを配置して、 ライセンスキープロパティを設定すべきであるとお薦めします。 そのライセンスファイルは、wrapper.conf」 ファイルの一番上に、以下の一行を追加してください:

#include ../conf/wrapper-license.conf

インクルードファイル(カスケード形式)のパスは、「wrapper.conf」ファイルではなく、 Wrapperバイナリの配置場所への相対参照であることに注意してください。 さらに詳しくは、『コンフィギュレーションファイルのカスケード(インクルードファイル)』ページを参照してください、 インクルードファイル(カスケード形式)に関するデバッグのヒントについてアドバイスが書いてあります。

大量のライセンス ファイルを簡単に管理することを可能にするために、 ホスト名をベースにしたライセンスファイルを読み込むように、Wrapperをセットアップすることができます。 これで、全てのサーバーへ、全てのライセンスファイルをデプロイすることが可能です。

#include ../conf/wrapper-license-%WRAPPER_HOST_NAME%.conf

問題?:

もしライセンスに関する問題に遭遇した場合には、 [wrapper.license.debug] プロパティを「TRUE」に設定して、 インクルードファイル(カスケード形式)のデバッグを有効にしてください。 併用することで、ほとんどのコンフィギュレーション問題が明らかになります。