World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.share.<n>.startup.* プロパティ

概要:共有スタートアッププロパティ

この[wrapper.share<n>.startup.*]プロパティ群では、 基本的に共有マウントに失敗した場合のWrapper動作を設定します。

<n>コンポーネント部:

プロパティ名の「<n>」コンポーネント部には、 「1」からカウントアップしていくインテージャー(整数値)のナンバリング数値を入れて指定します。 デフォルトでは、連番であり欠番で飛ぶことはないはずです。 [wrapper.ignore_sequence_gaps] プロパティで、シーケンス内でギャップ(途切れ)検索を「許可する/許可しない」を任意に設定にすることができます。

wrapper.share.<n>.startup.failure プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSX (未対応)Linux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

このプロパティには、一般エラーが起きた場合のWrapper動作を定義します。 ただし、下記の「既存アリで割り当てできないマウントエラー(詳細下記参照)」の場合を除きます。

設定可能な値は次のとおり:

  • Wrapperがネットワークドライブをマウント(割り当て接続)できなかった場合、 [SHUTDOWN] (シャットダウン)する、
  • Wrapperがネットワークドライブをマウント(割り当て接続)できなかった場合でも、動作を [CONTINUE] (継続)してJVMを開始する

デフォルト値は「CONTINUE」(継続)です。

設定例:
wrapper.share.1.startup.failure=CONTINUE

wrapper.share.<n>.startup.premapped プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSX (未対応)Linux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

このプロパティには、ネットワークリソースが既に存在している理由で、 共有をマウント(割り当て接続)できなかった場合のWrapper動作を設定します。

このエラーによるWrapper動作は 上記の[wrapper.startup.<n>.startup.failure]プロパティ でカバーされませんのでご注意ください。同じコンフィギュレーションファイルで、 Wrapperをコンソールやサービスとして動作させる手段を提供する目的のために追加された機能です。

設定可能な値は次のとおり:

  • Wrapperがネットワークドライブが既に存在している場合、 [SHUTDOWN] (シャットダウン)する、
  • Wrapperがネットワークドライブが既に存在している場合でも、動作を [CONTINUE] (継続)してJVMを開始する

デフォルト値は「CONTINUE」(継続)です。

設定例:
wrapper.share.1.startup.premapped=CONTINUE

wrapper.share.<n>.startup.max_retries プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSX (未対応)Linux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

このプロパティには、ネットワーク問題に起因するエラーが発生した場合、 Wrapperがネットワークドライブのマウント(割り当て接続)を試みる最大回数を設定します。

もし、指定した最大回数まで、Wrapperネットワークドライブをマウントできなかった場合、 上記の[wrapper.startup.<n>.startup.failure] プロパティで設定したWrapper動作が実行されます。

デフォルト値は「5回」の再接続を試みます。

設定例:(5回の再試行)
wrapper.share.1.startup.max_retries=5

wrapper.share.<n>.startup.retry_interval プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSX (未対応)Linux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

このプロパティには、Wrapperがネットワークドライブをマウント(割り当て接続)の再試行する インターバル(一定間隔)を秒数で設定します。

デフォルト値は「10秒」の間隔を置いて再接続を試みます。

設定例:(10秒おき)
wrapper.share.1.startup.retry_interval=10

全部まとめる

共有関連のプロパティを全部まとめた例がありますので参照ください。