World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.share.<n>.shutdown.* プロパティ

概要:共有シャットダウンプロパティ

wrapper.share.<n>.shutdown.*]プロパティ群では、 (JVMではなく)Wrapperのシャットダウン時に、「マウント済み(接続済み)の共有」の取り扱い方を設定します。 共有は唯一、この時にアンマウント(共有の切り離し)されます。 JVMが再起動する際には、一旦、アンマウント(共有の切り離し)されて、再マウント(割り当て接続)されます。

さらに、Wrapperは、現在のWrapperプロセスによってマウントされていない ネットワークドライブのアンマウント(切り離し)の試みはしません。

<n>コンポーネント部:

プロパティ名の「<n>」コンポーネント部には、 「1」からカウントアップしていくインテージャー(整数値)のナンバリング数値を入れて指定します。 デフォルトでは、連番であり欠番で飛ぶことはないはずです。 [wrapper.ignore_sequence_gaps] プロパティで、シーケンス内でギャップ(途切れ)検索を「許可する/許可しない」を任意に設定にすることができます。

wrapper.share.<n>.shutdown.unmap プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSX (未対応)Linux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

このプロパティには、Wrapperのシャットダウン時に、 Wrapperがネットワークドライブを「切断する(True)/切断しない(False)」を設定します。

デフォルト値は「FALSE」(切断しない)です。

設定例:
wrapper.share.1.shutdown.unmap=FALSE

wrapper.share.<n>.shutdown.unmap.force プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版 (未対応)
対応プラットフォーム :WindowsMac OSX (未対応)Linux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

このプロパティには、Wrapperのシャットダウン時に、 共有ネットワーク上でファイルやジョブが開いている場合、 Wrapperがネットワークドライブを「強制切断する(True)/強制切断しない(False)」を設定します。

もし、このパラメータがFALSEの場合、 ファイルやジョブが開いてあり、ネットワークドライブが生き残る場合、シャットダウンに失敗します。

デフォルト値は「FALSE」(強制切断しない)です。

設定例:
wrapper.share.1.shutdown.unmap.force=FALSE

全部まとめる

共有関連のプロパティを全部まとめた例がありますので参照ください。