World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.java.tmpdir.<x> プロパティ

インデックス

wrapper.java.tmpdir.<x> プロパティ概要

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

多種多様のJavaアプリケーションは、Javaのテンポラリーディレクトリーを、直接的に/間接的に活用します。 ダウンロードしたファイルやリモートjarなどのキャッシュに、しばしば使われます。

大体の場合、デフォルトJavaテンポラリーディレクトリーは正しく動作しますが、 システムファイルのシステム特権で、Wrapperがこのディレクトリーへ書き込み禁止にさせることもままあります。 この1つの例は、Windows Vista/2008でスタートして、 Windows下でデフォルトSYSTEMユーザーとして、サービスとして動作しているときです。 そのケースの場合、Javaのデフォルトテンポラリーディレクトリーが次のディレクトリーへと解決します: "C:\Windows\system32\config\systemprofile\AppData\Local\Temp\"

Wrapperバージョン3.5.0から、 Wrapperはスタートアップ時に設定されたディレクトリーをテストして、書き込めるか確認します。 [wrapper.java.tmpdir.required]プロパティと [wrapper.java.tmpdir.warn_silently]プロパティは、 ディレクトリーが有効でない/書き込めない時のWrapper動作についてコントロールするために利用されます。

wrapper.java.additional.<n>]プロパティを使って、 「java.io.tmpdir」システムプロパティを設定することで、 安全な場所へテンポラリーディレクトリーの配置場所を再定義することが可能です。

設定例:
wrapper.java.additional.1=-Djava.io.tmpdir=../temp

wrapper.java.tmpdir.required プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

スタートアップ時に、Javaテンポラリーディレクトリーが書き込めないと検知した場合、 Wrapper動作についてコントロールします。 「TRUE」に設定すると、Wrapperはエラーコード1でJVMを終了します。 逆互換性の都合で、デフォルト値は「FALSE」です。

設定例:
wrapper.java.tmpdir.required=FALSE

wrapper.java.tmpdir.warn_silently プロパティ

対応バージョン :3.5.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

Javaテンポラリーディレクトリーが書き込めないことを、どのようにユーザーに知らせるか、 Wrapper動作についてコントロールします。 デバッグ出力が有効なとき、メッセージは常にログに書き込まれます。 しかしながら、デバッグ出力が無効でも、唯一このプロパティが「FALSE」のときユーザーにメッセージが表示されます。 逆互換性の都合で、デフォルト値は「TRUE」です。

設定例:(表示しない)
wrapper.java.tmpdir.warn_silently=TRUE

もし[wrapper.java.tmpdir.required]プロパティが「TRUE」のとき、 終了理由は常にログ化されるため、このプロパティは無視されます。

このメッセージはとても便利ではあるのですが、デフォルトで「メッセージ表示しない」(TRUE)です。 なぜならば、カスタムテンポラリーディレクトリーを特に定義しない限り、 デフォルトSYSTEMユーザーとして、サービスを動作させるとき、 Windows Vistaやそれ以上で、実質的には、全てのWindowsユーザーにエラーを表示します。

参照: パラメータ