World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.disable_restarts プロパティ

wrapper.disable_restarts プロパティ

対応バージョン :3.2.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

このプロパティの説明を読まずに、パラメータを変更することは絶対にしないで下さい。 設定を間違えると、期待どおりに動作せず、Wrapperの動作不良や不具合の原因となります。

このプロパティでは、Wrapperによる全てのJVMの自動再起動を「無効にする (TRUE)/無効にしない (FALSE)」を設定します。 これは、エラーによる再起動や、JVM内部からの再起動リクエストによる再起動を含みます。 デフォルト値は「FALSE」(無効にしない)です。

wrapper.pausable.stop_jvm] プロパティが「TRUE」に設定されていて、Windowsサービスがポーズ(一時停止)しているときに、 停止しているJVMに対しては例外です。 サービスがレジューム(再開)されるとき、通常の稼働として考慮されるため、JVMは再起動されます。

このプロパティは、いかなる状況下でも、 JVMが絶対に再起動されないことを確認したい、と願うユーザーからのリクエストによるものです。 しかしながら、ほとんどのユーザーは、再起動を有効のままに残しておきたいと希望されることでしょう。

再起動の調整が必要なときは、 [wrapper.max_failed_invocations] と [wrapper.successful_invocation_time] プロパティで、再起動が許される回数をコントロールします。

設定例:(再起動を無効にする)
wrapper.disable_restarts=TRUE

警告

このプロパティを「TRUE」に設定すると、 エラーに遭遇した場合、Wrapperがシャットダウンするため、 Wrapperの利点でもあるエラーリカバリー(回復)機能のほとんどを、事実上、無効にすることになります。