World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.native_library プロパティ

wrapper.native_library プロパティ

対応バージョン :3.1.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

このプロパティの説明を読まずに、パラメータを変更することは絶対にしないで下さい。 設定を間違えると、期待どおりに動作せず、Wrapperの動作不良や不具合の原因となります。

Java Service Wrapper のJavaコンポーネントは、 システムシグナルの取り扱いを可能にしたり、 Java API を使えない他の機能を実行したりするために、 ネイティブライブラリーをロード(読み込み)しておく必要があります。 このプロパティでは、特有のアプリケーションのニーズに合わせて「ライブラリー名」を編集できるようになっています。 一般的に、ほとんどのユーザーは、このプロパティの利用は不要であると思われます。

Java言語は、どのようにJava ネイティブライブラリー (JNI)をネーミングするか、いくつかのルールを指定します。 Wrapperのライブラリーも例外ではなく、それらのネーミングの約束事に従わなければなりません。

これを説明するために、例として、デフォルトベース名「Wrapper」を使います。

設定例:
wrapper.native_library=Wrapper
  • Windowsシステム上で、 ライブラリーファイル名は「wrapper.dll」です。
  • Mac OSX システム上で、 ライブラリーファイル名「libwrapper.jnilib」です。
  • 他の全てのLinux/UNIXプラットフォーム上で、 ライブラリーファイル名「libwrapper.so」です。

もし、このプロパティに、何か他の値が与えられている場合、 上記のルールを使っている実際のネイティブライブラリーファイル名を構成するために、 その基本名が利用されます。

ライブラリーパス:

名前の指定に関わらず、ネイティブライブラリーは、 [wrapper.java.library.path.<n>] プロパティを使って指定しているディレクトリー内に配置されていなければなりません。

プラットフォーム仕様によるネイティブライブラリー:

Wrapperでは、たとえアプリケーションがネイティブライブラリーを利用していたとしても、 どんなプラットフォーム上でも動作するバイナリ配布を、簡単に作成できるように、ファシリティを提供しています。 詳しくは、プラットフォーム仕様によるネイティブライブラリーをご覧ください。