World Map
Java Service Wrapper は、Java アプリケーションの信頼性を向上させます。
  • Free Trial
  • Buy Now

デルタパック概要

デルタパックは、Wrapper がサポートされているすべてのプラットフォーム(注)で作動できるためのバイナリーやライブラリーをバンドルしています。 Wrapper を起動させる Windows bat ファイルと Unix シェルスクリプトも含みます。 そのスクリプトを使用することで自動的に現在のプラットフォームに最適なバイナリーを選択するので、Wrapper を起動することが容易になります。 つまり、異なる UNIX プラットフォームで同じコマンドを使用して(Windowsでは個別の bat スクリプトファイルを使用)透過的な方法で Wrapper を起動できます。

1つのコンフィギュレーションファイルで、異なるオペレーティングシステムで Java アプリケーションをコンソールアプリケーションや Windows サービス/UNIX デーモンとして実行できるよう Wrapper を設定出来ます。 必要に応じて、いつでもプラットフォーム固有のコンフィギュレーションも設定可能です。

すべてのプラットフォームのバイナリを含む単一の大規模な配布を作成することで ユーザーが必要なものがわからない場合でも、ユーザーが簡単に起動して実行できるようになります。 結果のファイルは明らかに大きいですが、ユーザーが必要としそうなものだけを含めるように自由に削除できます。 ファイル抽出後にスクリプトを実行して、現在のプラットフォームに必要のないファイルを削除することもできます。

アプリケーションをプラットフォーム固有のバンドルで配布する場合でも、デルタパックの構造では、 32 ビットと 64 ビットの両方のネイティブファイルを 1つの配布に含める事が出来るので便利です。 これ自体は非常に便利なので、ユーザーは OS と Java のインストールの特定の組み合わせに必要なビットを把握する必要がありません。

デルタパックは、バージョン 3.2.0 以降の全てのエディションで提供しております。

注意

(注)z/OS プラットフォームでは、ASCII 互換でない、EBCDIC キャラクター(文字)セットを利用します。 そのため、もし z/OS 版をダウンロードして他のシステムで閲覧すると、全てのファイルが破損しているように見えるますが、 これは正常なことです。この理由により、z/OS プラットフォームは、あえてデルタパック配布版に含めてありません。

デルタパックをダウンロードする

デルタパックのダウンロードリンクは、ダウンロードページの全てのプラットフォームの下でにあります。

デルタパックは、「.tar.gz」形式または「.zip」形式の両方で提供されます。 内容は同じですが、ファイルを抽出する方法によっては、どちらかを選べられます。

ご希望のエディションを選択してください:プロフェッショナル版、スタンダード版、コミュニティー版

パッケージをダウンロードした後、ファイルを抽出してください。

構造

バイナリー

全てのサポートされているプラットフォームのライブラリーは、lib フォルダーに入っています。

各プラットフォームのバイナリーと、Wrapper を起動するときに使用するスクリプトも bin フォルダーに入っています。

各プラットフォーム用に、提供している32 ビット 版と 64 ビット版のライブラリーとバイナリーが入っています。

コンフィギュレーション

コンフィギュレーションファイルは、conf フォルダーに入っています。通常、ライセンスキーファイルもこのフォルダーにあります。

ライセンシング

スタンダード版とプロフェッショナル版では、Wrapper を作動するには有効なライセンスが必要です。 ライセンスキーファイルを別ファイルとしてコンフィギュレーションファイルと同じフォルダーに 保存することをお勧めします(必須ではありません)。

開発ライセンスを購入した場合、 必要なライセンスキーは1つだけです。これは、アプリケーションに関連付けられており、任意のプラットフォームで実行できます。 この種類のライセンスは、本質的に、デルタパックと最もよく一致します。

サーバーライセンスキーは一つのマシンのみで利用が出来ますが、 ライセンスキープロパティ名にホスト名、或いはHostIdを含まると 複数のサーバ用のライセンスキーを一つのファイルでまとめることが出来ます

設定例:
# license for hostid 00123456789a
wrapper.00123456789a.license.type=NODE
wrapper.00123456789a.license.id=201804010006
wrapper.00123456789a.license.licensee=Acme, Inc.
wrapper.00123456789a.license.host_id=00123456789a
wrapper.00123456789a.license.features=pro, 64bit
wrapper.00123456789a.license.upgrade_term.begin_date=2018-04-01
wrapper.00123456789a.license.upgrade_term.end_date=2019-04-01
wrapper.00123456789a.license.key.1=0222-2e8a-6f6d-4a4a
wrapper.00123456789a.license.key.2=007d-7e3c-5e2a-427e
wrapper.00123456789a.license.key.3=ce16-f5f0-59f4-d18a
wrapper.00123456789a.license.key.4=b6ca-c31a-6be8-323d

# license for hostid 00123456789b
wrapper.00123456789b.license.type=NODE
wrapper.00123456789b.license.id=201804010007
wrapper.00123456789b.license.licensee=Acme, Inc.
wrapper.00123456789b.license.host_id=00123456789b
wrapper.00123456789b.license.features=pro, 64bit
wrapper.00123456789b.license.upgrade_term.begin_date=2018-04-01
wrapper.00123456789b.license.upgrade_term.end_date=2019-04-01
wrapper.00123456789b.license.key.1=0222-2e8a-6f6d-4a4a
wrapper.00123456789b.license.key.2=007d-7e3c-5e2a-427e
wrapper.00123456789b.license.key.3=ce16-f5f0-59f4-d18a
wrapper.00123456789b.license.key.4=b6ca-c31a-6be8-323d

注意

ライセンスキーを再生成せずに、ライセンスキープロパティのホスト名部分を変更することができます。 新しいプラットフォームに Wrapper を展開する必要があるときはいつでも、既存のキーを編集せずに、ライセンスに新しいキーを追加するだけです。

デルタパックを Windows または UNIX システムで起動すると、最初にライセンスが対象としているアーキテクチャ(32 ビットまたは 64 ビット)を確認します。 これは、64 ビット OS で 32 ビットライセンスを使用して Wrapper を実行できるためです。 この場合、デルタパックは現在のプラットフォームの適切な 32 ビットバイナリを起動します。 もし、ご利用中のライセンスは 32 ビットと 64 ビットの両方の機能が有効になっている場合、 またはコミュニティエディション使用の場合は、OS ビットに一致するバイナリが使用されます。

配布

バイナリーを選択する

デフォルトでは、デルタパックは、z/OS を除き、Wrapper がサポートするすべてのプラットフォームのバイナリとライブラリを揃えています。

ただし、不要なバイナリを削除し、お気に入りの圧縮ツールを使用して必要なファイルを再パックしたいという 要望もあるかもしれません。 これは、次の場合に役立ちます。

・ Java アプリケーションをデルタパックとともに Windows システムと UNIX システムに別々に配布することを選択した場合。

・ 特定のプラットフォームまたはアーキテクチャに Wrapper をデプロイしないことがわかっている場合は、 パッケージを軽量化して転送を高速化できます。

・ 32 ビットをお持ちの場合、全ての 64 ビットのバイナリーは使用できないので削除できます。これは、Wrapper バージョン 3.5.36 迄に、64 ビットシステムで同祭している場合に必要でした。バージョン 3.5.37 とそれ以降のバージョンでは、Wrapper がライセンスタイプを検出して正しいバイナリを起動できますが、 わかりやすくするために不要なバイナリを削除することをお勧めします。

Java Service Wrapper のサポートしているプラットフォームの詳細については、 サポートされているプラットフォームの概要.


バージョン 3.5.46 より、Windows システム上でデルタパック インストーラーでバイナリとライブラリの選択が簡単になりました。

クロスプラットフォーム設定

Wrapper のコンフィギュレーションプロパティはクロスプラットフォーム仕様にデザインされていますので、ほとんどの場合には一つのコンフィギュレーションファイルとプロパティの単一のセットだけが必要です。 ただし、これをスムーズに処理し、プラットフォーム固有の構成が必要な場合には、いくつかの優れた方法があります。

まず、デルタパックを Windows と Linux の両方展開する場合は、コンフィギュレーションに含まれるすべてのパスがバックスラッシュ「\」ではなく スラッシュ「/」を使用していることを確認してください。 バックスラッシュは Windows でのみサポートされています。

アプリケーションを多言語化(ローカライズ)する場合は、プラットフォームに応じて異なるロケール表記と エンコーディングを使用する必要がある場合があります。 wrapper.lang プロパティの場合、Windows 表記(「English_United States」、「Japanese_Japan」など)の代わりに UNIX 表記(「ja_JP」や「en_US」など)を使用することをお勧めします。 UNIX 表記は Windows でも機能しますが、Windows 表記は UNIX システムでは機能しません。 (wrapper.lang.encoding によって制御される)エンコーディングには、Windows を含むすべてのプラットフォームで一般的にサポートされている「UTF-8」を使用できます。 プラットフォームごとに異なるエンコーディングを使用する必要がある場合は、wrapper.lang.<platform>.encoding プロパティの使用を検討してください。

次のコンフィギュレーションプロパティでは、プラットフォームごとに値を設定することもできます。

もう1つの便利な手法は、ルートコンフィギュレーションファイルにすべての一般的な構成を収集し、プラットフォーム固有の 構成を個別のインクルードファイルに書き込むことです。

次の環境変数を使用して、メインコンフィギュレーションファイルからインクルードファイルを参照できます: [WRAPPER_OS]、[WRAPPER_ARCH]、[WRAPPER_BITS]。

#include ../conf/wrapper-%WRAPPER_OS%-%WRAPPER_ARCH%.conf

ファイル名または親フォルダー名で環境変数を使用できます。

次に、特定のコンフィギュレーションが必要なプラットフォームごとにコンフィギュレーションファイルを作成する必要があります。 ファイル名が、ターゲットとするプラットフォームで環境変数が取る値で作成されていることを確認してください。 インクルードコンフィギュレーションファイルが見つからない場合は、サイレントにスキップされます。

アプリケーションで他のネイティブライブラリを使用する場合は、現在のプラットフォームに適したライブラリを含めるように コンフィギュレーションを設定する必要があります。 これは、wrapper.java.library.path.<n> ページで説明されています。

サポート

その他ご質問があれば、遠慮なく support@tanukisoftware.com までご連絡ください。喜んで対応させていただきます。 こちらの機能や別昨日についてのフィードバックを是非聞かせてください。