World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.java.classpath.missing.loglevel Property

wrapper.java.classpath.missing.loglevel

対応バージョン :3.5.26
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

デフォルトでは、Wrapperは [DEBUG] ログレベルで欠落しているクラスパス要素に関する警告をログに記録します。また、デバッグ出力のすべてを有効にせず、生成されたログメッセージを表示させたいのが一般的です。このプロパティは、警告を記録するログレベルを指定することができます。

有効なプロパティー値は次のとおり:
  • [FATAL] :
    FATALログレベルでログを記録します。
  • [ERROR] :
    ERRORログレベルでログを記録します。
  • [WARN] :
    WARNログレベルでログを記録します。
  • [STATUS] :
    STATUSログレベルでログを記録します。
  • [INFO] :
    INFOログレベルでログを記録します。
  • [DEBUG] :
    DEBUGログレベルでログを記録します。
  • [NONE] :
    一切ログを記録しません。

デフォルト値は[DEBUG]です。

例:
wrapper.java.classpath.missing.loglevel=DEBUG

アプリケーションによくjarファイルが欠落している場合は、値をNONEに設定するとすべてのログレベルで警告を無効にします。

Wildardsという定義されたクラスパスエレメントは既存するマッチングファイルしか見つからないため、警告が発生することはありません。

参照: クラスパス