World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.request_thread_dump_on_failed_jvm_exit プロパティ

インデックス

wrapper.request_thread_dump_on_failed_jvm_exit プロパティ

対応バージョン :2.2.7
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

このプロパティには、リクエストに応じてJVMが終了しないイベントで、 スレッドダンプを「要求する(True)/要求しない(False)」を設定します。

このスレッドダンプ情報は、JVMが終了しない理由を追究するのに役立ちます。 このプロセスはスレッドダンプリクエストに応答しないため、 もし何かの理由でJVMがハングアップしている場合には、このプロパティの効果はありません。

デフォルト値は「FALSE」(スレッドダンプを要求しない)です。

設定例:(スレッドダンプを要求する)
wrapper.request_thread_dump_on_failed_jvm_exit=TRUE

サービスとして動作しているとき、このプロパティは自動的に、 [wrapper.ntservice.console] プロパティを「TRUE」に設定します。 これは、必要なシグナルがJVMへ送信されるために必要なことです。 コンフィギュレーションファイルで[wrapper.ntservice.console]プロパティが、 明らかに「TRUE」に設定されていない場合、Wrapperは、表示された後、即座にコンソールを隠します。 もし、サービスがインタラクティブ(対話型)モードで動いている場合、 Wrapperが最初に起動したとき、スクリーン上に目に見える形で一瞬の画面表示がチラつきます。

wrapper.request_thread_dump_on_failed_jvm_exit.delay プロパティ

対応バージョン :3.5.6
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

Wrapperは、スレッドダンプをリクエストした後、実際にJVMプロセスを強制終了する前に一瞬、待機する必要があります。 これは、JVMが実際にスレッドダンプを生成して、それを完全な状態で、 コンソールやファイルへ出力する時間を確実に確保するために必要なことです。 このプロパティには、その待機時間を秒数を設定してコントロールすることができます。

この遅延は、最低でも1秒デフォルト値は「5秒」です。

設定例:(長めの遅延でスレッドダンプのリクエスト)
wrapper.request_thread_dump_on_failed_jvm_exit=TRUE
wrapper.request_thread_dump_on_failed_jvm_exit.delay=20

参照: 遅延