World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.port プロパティ

wrapper.port プロパティ

対応バージョン : 1.0.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

このプロパティの説明を読まずに、パラメータを変更することは絶対にしないで下さい。 設定を間違えると、期待どおりに動作せず、Wrapperの動作不良や不具合の原因となります。

Wrapperは、JVM内部で動作するJavaコンポーネントと通信をするためにソケットを利用します。 このプロパティには、利用するポートを設定します。

デフォルト値「0 (ゼロ)」を利用すると、このプロパティを設定していないものとして取り扱います。 ほとんどのアプリケーションでは、このプロパティを設定する必要はなく、 デフォルト値「0 (ゼロ)」のままで十分です。 [wrapper.port.min]プロパティと [wrapper.port.max]プロパティの範囲で 設定されたポートを選択して利用します。

もし、このプロパティに指定したポート番号が既に利用済みでバインドできない場合、 あるいはこのプロパティに特定のポート番号を指定していない場合、 [wrapper.port.min]プロパティと [wrapper.port.max]プロパティ範囲 のポートを選択してバインドします。

もし、ある特定のポートを利用する必要があるなら、 「1-65535」範囲のどれかポートを指定してもいいかもしれません。 UNIXシステム上では、1024より小さいポート番号へのアクセスには、 ほとんどの場合、ルート権限が必要ですので、ご注意ください。 もし、その指定したポート番号が利用済みであった場合、 Wrapperのデフォルトでは、Wrapperに警告が表示されログへ書き出し、最初の有効なポートを検索します。

WrapperがJVMインスタンスを起動すると、 localhostアドレスへバインドされたポート上でリスニングするサーバーソケットをオープンします。 その起動したJVMは、Wrapperプロセスへ逆接続できるようにするためのキーと共に提供されます。 一旦、JVMが接続すると、Wrapperはもはや追加的な接続を受け付けません。 こうすることで、いかなるセキュリティ問題の懸念も持ちあがることがないため安心です。

設定例:
wrapper.port=0

ポート範囲をコントロールする

対応バージョン :3.2.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

[wrapper.port.min]と[wrapper.port.max]プロパティ:

いくつかのケースにおいては、 ポートを選ぶときにWrapperが利用するポートの範囲をコントロールする必要があります。 デフォルトでは、well-knownポート番号(一般的に予約済みの0番から1023番までのポート番号)と 競合しないようなポートが選択されます。 もし、デフォルト 32000-32999 範囲に問題が起きる場合、 [wrapper.port.min]プロパティと [wrapper.port.max]プロパティを使って、変更することができます。 もしポート番号を設定する際には、 Wrapperが開始時に全てのポートが利用済みで選択できないことがないように、十分な広い範囲を提供しておくことが必要です。

設定例:
wrapper.port.min=32000
wrapper.port.max=32999

ポートがバインドされるアドレスをコントロールする

対応バージョン :3.5.18
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

[wrapper.port.address]プロパティ:

このプロパティを利用すると、WrapperとJVMの通信間で、どのポートにバインドさせるのか、 インターフェイスを指定することが可能になります。 各マシンでは、ポートをバインドさせる、 いくつかの仮想ネットワークや物理ネットワークのインターフェイスが提供されています。 このプロパティを導入される以前は、バックエンド通信にソケットを利用していた場合、 Wrapperではポートのバインドに、ループバックインターフェイス(localhost 127.0.0.1)を常に利用していました。

一部のマシン上では、非常に厳しいセキュリティポリシーのため、 ポートをローカルのループバックインターフェイスにバインドすることを潜在的に許可しません。 そのため、ソケットバックエンド通信を使えないものとされており、 回避策として、PIPEバックエンドタイプを利用しなければなりませんでした。

このプロパティ値は、サーバー上の有効なインターフェイスのIPアドレスです。 デフォルト値は、ループバックインターフェイスのIPアドレスです。 例:127.0.0.1

設定例:
wrapper.port.address=192.168.0.2

参照: ポート