World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.displayname プロパティ

wrapper.displayname プロパティ

対応バージョン :3.3.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

警告

このプロパティの説明を読まずに、パラメータを変更することは絶対にしないで下さい。 設定を間違えると、期待どおりに動作せず、Wrapperの動作不良や不具合の原因となります。

このプロパティには、「サービス名」の表示名を設定します。 その表示名はエラーメッセージやイベントなどで利用されます。

設定例:
wrapper.displayname=My Application

Windows:

Windows上で、このプロパティは、WrapperをWindowsサービスとして登録するために利用されます。

注意

このプロパティを変更した場合、Windowsサービスを再インストールするまで有効になりません。

UNIX:

WrapperのUNIX バージョン上で、 含まれているシェルスクリプトは、スクリプトの[APP_LONG_NAME]環境変数の値の値を利用している、 このプロパティを設定します。

歴史的な都合:

Wrapperバージョン3.3.0から、歴史的な都合により、 このプロパティのデフォルト値は、旧 [wrapper.ntservice.displayname] プロパティの値を引き継ぎます。つまり、デフォルト値は [wrapper.name] プロパティの値になっています。

参照: 名前と表示

氏名: 表示名: 説明: