World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now
wrapper.disable_tests プロパティ

wrapper.disable_tests プロパティ

対応バージョン :3.5.16
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :WindowsMac OSXLinuxIBM AIXFreeBSDHP-UXSolarisIBM z/OSIBM z/Linux

WrapperManagerクラスには、 Wrapper障害モードをテストするとても便利なメソッドがいくつか含まれていますが、 万一、動作中のシステムで信頼できないコードがテストメソッドをコールしたとき、 セキュリティリスクの懸念があります。 Wrapperは初期のバージョンから、テストメソッドへのアクセスや他の機能へのアクセスをコントロールする セキュリティマネージャーの利用をサポートしていますが、 このメソッドを使うと、簡単なプロパティ設定で、そのテストメソッドを無効(TRUE)にすることが可能です。

信頼できないコードを動かしているJVMには、セキュリティマネージャーを実装するべきであり、 通常は、このプロパティをデフォルト値のままで、安全です。

このテストメソッドは、デフォルトで有効(FALSE)にしてあります。

設定例:(テストメソッド有効)
wrapper.disable_tests=FALSE

このプロパティは、次のメソッドの利用に影響を及ぼします:

もし、テストが無効の状態で、テストメソッドが呼び出された場合、「IllegalStateException」を投げ返します。

無効のテストをコールした場合のログ例:
jvm 1    | Exception in thread "main-myapp-thread" java.lang.IllegalStateException: Test methods have been disabled.
jvm 1    |      at org.tanukisoftware.wrapper.WrapperManager.accessViolationNative(WrapperManager.java:2699)
jvm 1    |      ...
jvm 1    |      ...