World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now

HOWTO: Java Service Wrapper のアップグレード方法

Java Service Wrapper の新しいバージョンがリリースされるとき、 弊社タヌキソフトウェアでは、常に既存ユーザーのコンギギュレーションや API コールに互換性を持たせるように配慮しています。

まれなケースではありますが、機能を変更する必要性のために互換性を保てない場合、 それらの情報はリリースノートや、個別にその機能の解説でお知らせしています。

アップグレードの手順は簡単です:

  • ご利用になりたいJava Service Wrapper バージョンを確認して、 希望のプラットフォーム向けの該当する配布をダウンロードします

  • 動作中の Java Service Wrapper を停止します。

  • Windows: 「bin\wrapper.exe」、 「lib\wrapper.dll」、 「lib\wrapper.jar」ファイルを コピーして既存ファイルの同じ場所に上書きします。

    UNIX: 「bin/wrapper」、 「lib/libwrapper.so」、 「lib/wrapper.jar」ファイルを コピーして既存ファイルの同じ場所に上書きします。

  • Wrapper バージョン 3.5.0 より以前のものをアップグレードする場合には、 ご利用の「conf\wrapper.conf」コンフィギュレーションファイルを開き、 一行目にエンコード宣言を追加してください:

    #encoding=UTF-8

    コンフィギュレーションファイルの設定例がありますので参照してください。

    もし、ご利用のコンフィギュレーションでインクルードファイル(カスケード形式)を利用している場合、 各コンフィギュレーションファイルの冒頭でエンコード宣言行を追加しなくてはなりません。

    古いコンフィギュレーションファイルも動作するはずですが、新しい機能が追加されていたりしますので、 新しい Wrapper バージョンの「src\conf\wrapper.conf.in」 テンプレートファイルを見直すことを推奨します。

  • ほとんどの場合、バッチファイルやシェルスクリプトは、新しい Wrapper バージョンでも動作しますが、 特に UNIX プラットフォーム上での場合、以下のファイルも合わせてアップデートすることを推奨します。

    Windows: 新しいバッチファイルは、「src\bin\」ディレクトリーにあります。 通常、これらのファイルは単純にコピーしてご利用の Java アプリケーションの名前に似合うようにファイル名を変更するだけで大丈夫です。

    UNIX: 新しいシェルスクリプトは、「src/bin/sh.script.in」ディレクトリーにあります。 このシェルスクリプトに、カスタマイズを加える必要がある場合、 既存のものはそのままで、新しいシェルスクリプトに追加してください。 既存の設定セクションより下方に記述されているものは全て変更するべきではありません。

    バージョン 3.5.37 より、UNIX シェルスクリプトは、全てのカスタマイズされたコンフィギュレーションを含む任意のソースを起動しようとします。 これにより、シェルスクリプトを元の状態に保つことができ、将来のアップグレードを簡単にします。 このカスタムソースファイルは、スクリプトの冒頭に変数を設定した後に実行されるので、その中に設定された変数は、 シェルスクリプトのデフォルト設定を上書きします。 この機能を使うには、ソースファイルはスクリプトと同じベース名を持ち、接尾辞が「.shconf」拡張子でなければなりません。

  • スタンダード版・プロフェッショナル版

    Wrapper スタンダード版あるいはプロフェッショナル版をご利用の場合には、ライセンスとアップグレード有効期間が影響してきます。 ご利用のライセンスファイル「wrapper-license.conf」にある 「upgrade-term」(アップグレード期間)の有効期間を確認して、 利用可能な Wrapper バージョン(その有効期間の最終日よりも以前にリリースされた Wrapper バージョン) であることを確認してください。 各 Wraper バージョンにはリリース日の情報が含まれています。 皆様が取得された Wrapper ライセンスに含まれる「upgrade_term.end_date」(有効期間の最終日) よりも以前にリリースされた Wrapper バージョンであれば、動かすことが可能です。

    サーバーライセンス: もし、アップグレード期間 が新しいバージョンを許可しない場合、 アップグレード期間を更新する必要があります。 アップグレード期間更新後、 wrapper-license.conf ファイル をアップデートしてから新しいバージョンを実行出来ます。

    開発ライセンス年間メンテナンス・サポートサービス(TSIMS) を更新した後、 wrapper-license.conf ファイルをアップデートしてから新しいバージョンを実行できます。

    Wrapper バージョンページのリリース日が、 自分の有効期間の最終日よりも以前であるか確認することで、 その Wrapper バージョンが利用可能であるかを検証することが可能です。

  • Wrapper バージョンの改訂された内容を確認するには、リリースノートをご覧ください。

  • 一度、ライセンスキーがwrapper-license.confに保存・上書き保存されたら、 問題がないことを確認するために直ぐに Wrapper no再起動をお薦めします。 Wrapper はこれを必要としませんが、新しく保存されたファイルに問題があると、次にシステムを再起動したときに Wrapper が起動しなくなります。