World Map
Java Service Wrapperは、御社Javaアプリケーション製品の安定した信頼性を高める最短最善の方法です。
  • Free Trial
  • Buy Now

HOWTO: macOS 上でインストールする手法

このセクションは、Java Service Wrapper を macOS 上でインストールするためのオプションを理解するのに役立ちます。

macOS システムに Java Service Wrapper をインストールするために利用できるオプションがいくつかあります。 全てのダウンロードファイルはダウンロードページより入手できます。

パッケージからインストールする

対応バージョン :3.5.44
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

最新リリースの pkg インストーラーをダウンロードしてください。

インストーラーを実行し、各ステップをクリックしてインストールを完了します。 Wrapper は /opt/local/Cellar/wrapper/3.5.44 にインストールされます。 最後にインストールされたバージョンは、/opt/local/opt/wrapper からアクセスできます。

Wrapper バイナリとインストールされているすべてのファイルは署名され、公証されています。

インストール後、インテグレーション ページへ進み、 Java Service Wrapper をアプリケーションに統合する手順を確認してください。

Wrapper は、次のコマンドを使用してアンインストールできます。 バイナリファイルを統合アプリケーションにコピーした場合、Wrapper のインストールは不要になります。

ターミナルから Wrapper をアンインストールする:
% sudo /usr/local/Cellar/wrapper/3.5.44-pro/uninstall.sh 
Welcome to Java Service Wrapper Uninstaller
The following packages will be REMOVED:
  Java Service Wrapper (macosx-universal-64-3.5.44-pro)
Do you wish to continue [Y/n]?Y
[2/3] [DONE] Successfully unregistered Java Service Wrapper package
[3/3] [DONE] Successfully deleted Java Service Wrapper
Removed empty /usr/local/Cellar/wrapper
Java Service Wrapper uninstall process finished

ターミナルを使ってパッケージからインストールする

対応バージョン :3.5.44
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

ターミナルから、または SSH 経由でリモートにパッケージをインストールする機能は非常に便利です。

最新リリースの pkg インストーラーをダウンロードして、Wrapper をインストールしたいマシンへ転送してください。

Wrapper は、次のコマンドを使用してインストールできます。

ターミナルからインストールする:
% sudo installer -pkg wrapper-macosx-universal-64-3.5.44-pro.pkg -target /  
installer: Package name is Java Service Wrapper 3.5.44-pro
installer: Installing at base path /
installer: The install was successful.
インストールと詳細ログをファイルに保存する:
% sudo installer -pkg wrapper-macosx-universal-64-3.5.44-pro.pkg -dumplog -target / 2>&1 > wrapper-installer.log

Wrapper は、/opt/local/Cellar/wrapper/3.5.44 にインストールされます。 最後にインストールされたバージョンは、/opt/local/opt/wrapper からアクセスできます。

Wrapper バイナリとインストールされているすべてのファイルは署名され、公証されています。

インストール後、インテグレーション ページへ進み、 Java Service Wrapper をアプリケーションに統合する手順を確認してください。

Wrapper は、次のコマンドを使用してアンインストールできます。 バイナリファイルを統合アプリケーションにコピーした場合、Wrapper のインストールは不要になります。

ターミナルから Wrapper をアンインストールする:
% sudo /usr/local/Cellar/wrapper/3.5.44-pro/uninstall.sh 
Welcome to Java Service Wrapper Uninstaller
The following packages will be REMOVED:
  Java Service Wrapper (macosx-universal-64-3.5.44-pro)
Do you wish to continue [Y/n]?Y
[2/3] [DONE] Successfully unregistered Java Service Wrapper package
[3/3] [DONE] Successfully deleted Java Service Wrapper
Removed empty /usr/local/Cellar/wrapper
Java Service Wrapper uninstall process finished

tar.gz ファイルからインストールする

対応バージョン :3.0.3
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

Wrapper バイナリは、バージョン 3.5.44 以降で署名されています。 ダウンロードされた tar.g zファイルは、インターネットからダウンロードされたものとしてマークされ、隔離されます。 これをそのまま使用すると、後で警告が発生する可能性があります。 上記のようにパッケージからインストールするとこの問題は発生しません。

ダウンロードしたファイルが危険と判定されていることを確:
% ls -al
-rw-r--r--@  1 you   staff   999999 Oct 29 12:12 wrapper-macosx-universal-64-3.5.44-pro.tar.gz
隔離マークの詳細を確認し、ファイルの出所を表示:
% xattr -l *	

これらのファイルをそのまま抽出すると、抽出されたすべてのファイルにも同じ隔離マークが付けられます。

ファイルからすべての隔離マークを再帰的に削除:
% find wrapper* -print0 | xargs -0 xattr -d com.apple.macl
find wrapper* -print0 | xargs -0 xattr -d com.apple.metadata:kMDItemWhereFroms
find wrapper* -print0 | xargs -0 xattr -d com.apple.quarantine

解凍後、インテグレーション ページへ進み、Java Service Wrapper をアプリケーションに統合する手順を確認してください。

これで tar.gz ファイルを安全に抽出でき、抽出されたファイルにも隔離マークがなくなります。

上記で抽出したフォルダを削除するだけで、Wrapper をアンインストールできます。 バイナリファイルを統合アプリケーションにコピーした場合、Wrapper のインストールは不要になります。

デルタパック tar.gz ファイルからインストールす

対応バージョン :3.2.0
対応エディション :プロフェッショナル版スタンダード版コミュニティー版
対応プラットフォーム :Windows (未対応)Mac OSXLinux (未対応)IBM AIX (未対応)FreeBSD (未対応)HP-UX (未対応)Solaris (未対応)IBM z/OS (未対応)IBM z/Linux (未対応)

Wrapper バイナリは、バージョン 3.5.44 以降で署名されています。 ダウンロードされたデルタパックの tar.gz ファイルは、インターネットからダウンロードされたものとしてマークされ、隔離されます。 これをそのまま使用すると、後で警告が発生する可能性があります。 上記の手順に従って、これらの隔離マークを削除してください。

解凍後、インテグレーション ページへ進み、Java Service Wrapper をアプリケーションに統合する手順を確認してください。

デルタパック(Delta Pack)の詳細については、デルタ パック概要ページをご覧ください。

上記で抽出したフォルダを削除するだけで、Wrapper をアンインストールできます。 バイナリファイルを統合アプリケーションにコピーした場合、Wrapper のインストールは不要になります。